巨人、セ連覇の実力どこに...投打圧倒されて連敗喫す

巨人、セ連覇の実力どこに...投打圧倒されて連敗喫す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人対ソフトバンク 9回裏巨人2死、ウィーラーの二ゴロはリクエストするも覆らず両手を広げる原監督(右から2人目)(撮影・横山健太)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人2-13ソフトバンク>◇第2戦◇22日◇京セラドーム大阪

巨人がソフトバンクに投打で圧倒され、連敗を喫した。先発今村が2回途中4失点でKO。2番手の戸郷もグラシアルに2ランを浴び、7回にはデスパイネの満塁弾で試合が決まった。9回にもミスで失点し、日本シリーズでは球団ワーストの13失点。対ソフトバンクとの日本シリーズは昨年から6連敗を喫した。

打線もウィーラーの2ランのみの2得点で、5安打と沈黙した。4連敗を喫した昨年の日本シリーズは初戦から安打数は6、4、6、6で、今年の2試合を含め6試合連続1ケタ安打で最多得点も3。150キロを超えるパワーピッチャーに力でねじ伏せられ、セ・リーグを連覇した打線のつながりも影を潜める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加