振り袖に“黒い液体”かけた疑い...33歳会社員を逮捕 「していません」と容疑否認

振り袖に“黒い液体”かけた疑い...33歳会社員を逮捕 「していません」と容疑否認

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/25
No image

動画を見る(元記事へ)

人生に一度しかない「ハレの日」。今月8日、北九州市の「二十歳の記念式典」に参加した女性の振り袖には、黒い汚れが付いていました。

被害女性:「自宅に帰る際に、モノレールの所で切符を買っていた。その際に、振り袖の裾のほうに、黒い染みみたいな汚れが付いていて、ショックです」

会場付近では、同様の被害が合わせて11件確認されています。

こうしたなか、24日、北九州市の会社員・平井英康容疑者(33)が、式典に参加した20歳の女性の振り袖などに墨汁のような液体を掛けたとして逮捕されました。

平井容疑者は「そのようなことはしていません」と、容疑を否認しています。

(「グッド!モーニング」2023年1月25日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加