中日大野雄大の連続完投6で止まる 誠也被弾に悔い

中日大野雄大の連続完投6で止まる 誠也被弾に悔い

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

広島対中日 1回裏広島無死二、三塁、鈴木誠に左中間越え3点本塁打を打たれた中日先発の大野雄大(撮影・加藤孝規)

<広島6-3中日>◇15日◇マツダスタジアム

中日大野雄大投手の連続完投は6試合で止まった。4回5安打4失点で5敗目。開幕ヤクルト戦に並ぶ今季最短降板になった。

初回、大盛と菊池涼に連打で無死一、三塁。ピレラに一塁線を破られて先制されると4番鈴木誠に痛恨の3ラン。「ホームランだけは、という場面で打たれてしまった。9連戦の頭を任せられているピッチャーが早い回で降りてしまい申し訳ないです」と悔しそうに振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加