セルゲイ・ポルーニン出演映画『シンプルな情熱』新ビジュアル解禁

セルゲイ・ポルーニン出演映画『シンプルな情熱』新ビジュアル解禁

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/06/10
No image

映画『シンプルな情熱』(7月2日公開)新ビジュアル (C)2019L.FP.LesFilmsPelleas–Auvergne-Rhone-AlpesCinema-Versusproduction(C)Julien Roche

ウクライナ出身の世界的バレエダンサー、セルゲイ・ポルーニンが出演映画『シンプルな情熱』(7月2日公開)の新ビジュアルが解禁された。

【動画】映画『シンプルな情熱』予告編

本作は、ノーベル文学賞にも候補に名を連ねるフランス現代文学の頂点、作家アニー・エルノーが1991年に発表した恋愛小説が原作。自身の実体験を赤裸々に綴り、フランスはもとより日本でも大反響を巻き起こした。

パリの大学で文学を教える教師のエレーヌは、年下で既婚者のロシア外交官アレクサンドルとパーティで知り合い恋に落ちる。昼下がりに、自宅やホテルで逢瀬を重ね、彼との抱擁にのめり込んでゆくエレーヌだったが…。恋という名の情熱とは、自分自身を発見し、人生をさらに自由に羽ばたくためのギフトだと教えてくれる、甘く切ない愛と官能の物語。

エレーヌを演じるのは『若い女』(2017年)でリュミエール賞有望女優賞を受賞した、実力派レティシア・ドッシュ。アレクサンドルを演じるポルーニンは、19歳で英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルに選ばれた2年後、人気絶頂の真っただ中で突如として退団を発表。現在は全身にタトゥーをまとう異端のダンサー、そして俳優としての新たなステージを竜巻のごとく席巻中だ。

新ビジュアルは、エレーヌ(レティシア・ドッシュ)がアレクサンドル(セルゲイ・ポルーニン)に両腕をホールドされながら、情熱的な視線を交わし、今にもキスをしそうな瞬間を捉えたショットをダブルで配置。抗えない恋に落ちた二人の行方など、これから展開するドラマへの想像を掻き立てるものとなっている。

本作をひと足先に鑑賞した、作家・金原ひとみ氏は「寄る辺なき、どん詰まりの、終わりなき恋愛。愛する人とは、いつもどこか異邦人に似ている。」、作家・江國香織氏は「雄弁な映像と、ぎりぎりまで切りつめられた切実な言葉。心をのっとられることの甘やかなおそろしさといったら! 原作のスピリットが美しく閉じ込められた、たぶん大人にしかわからない勇敢な映画。」、女優の夏木マリは「アニー・エルノーの小説が映画になった! そうね、恋愛の不安も自分らしいのがいい 恋愛の痛みも自分らしいのがいい その時間は自分への情熱のギフトだから、、、それはそれは美しいパッションとアクションを想いださせてくれた」と、コメントを寄せている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加