熱愛報道のAKB岡田奈々がグループ脱退 「恋愛自由はビジネスとして成り立たない」の指摘が

熱愛報道のAKB岡田奈々がグループ脱退 「恋愛自由はビジネスとして成り立たない」の指摘が

  • AERA dot.
  • 更新日:2022/11/25
No image

グループを卒業することを発表した岡田のツイッター

アイドルグループ・AKB48の岡田奈々が23日に自身のツイッターを更新。舞台で共演した俳優の猪野広樹との交際が文春オンラインで報道されたことについて謝罪した上で、グループを卒業することを発表した。

【写真】なぜ?三度の不倫報道でも芸能界を「干されなかった」人気女優はこちら岡田は「週刊誌の件でお騒がせしてしまい、多大なるご迷惑をおかけしたこと本当に申し訳ありませんでした。謝罪のコメントを出すのが遅くなってしまったこともごめんなさい。今まで応援してくださったファンの皆様を裏切るような行動をとってしまい、傷つけてしまい、本当にごめんなさい。幻滅させてしまいごめんなさい」と謝罪。「説得力がないと思われても仕方がないのですが、この10年間アイドル活動を全力で取り組んできたことは本当です。AKB48グループを、スタッフさんたちを、メンバーのみんなを、ファンの皆様を愛している気持ちは本物です」としつつ「自分なりによく考え、しっかりとけじめをつけることに決めました。AKB48を卒業します」と報告した。

AKB48では「恋愛禁止」が暗黙のルールとされてきた。岡田の熱愛が報じられた際、AKB48の総監督である向井地美音が自身のツイッターで問題提起した内容も反響を呼んだ。「アイドルとして皆さんから頂いた愛や信用を裏切ることが起きてしまい、本当に申しわけありません」とファンに謝罪した上で、「今まで曖昧になっていた『恋愛禁止』というルールについて改めて考え直す時代が来たのだと思います。運営と相談し、どのような形であれ必ず結論を報告させて頂きます」と綴った。

スポーツ紙の芸能担当記者は、「岡田にファンから批判の声が上がったのは、俳優の恋愛が発覚したからという理由だけではない。17年の選抜総選挙で、『スキャンダルではい上がるメンバーがいてもいいけど、まねしてはいけないと思います。まっすぐ頑張っている人が報われるようにグループを変えていきたい』で力強く宣言したことも背景にある。グループトップクラスの歌唱力で、センターを務めた経験もある人気メンバーだった。責任感の強いイメージだったので、恋愛報道のギャップに失望してファンは裏切られた思いになったのでしょう」と指摘する。

一括りにアイドルと言っても、様々な立ち位置がある。「ももいろクローバーZ」の高城れにが日本ハムの宇佐見真吾と2年間の極秘交際を経て、今月6日に結婚を電撃発表した。現役アイドルが結婚という異例の展開だったが、ファンから祝福の声が上がった。

タレント所属事務所の関係者は、「高城は29歳という年齢も影響しているでしょう。ももクロは08年に結成し、14年の月日が経っている。アイドルという枠を超えてアーティストとしての地位を確立しているので、メンバーが結婚しても長く応援してきたファンの思いは揺らがない。ただ、それならAKBも恋愛自由でいいかというと話が変わってくる。AKBの場合はメンバーに疑似恋愛しているファンが多いからです。自分の夢や人生を推しメンに投影しているので、プライベートで恋愛していると知ったら興ざめしてしまう。芸能界で確固たる地位を確立していないアイドルに彼氏がいることを知ったら、ファンはライブに足を運んだり、グッズを買って応援したいとは思わないでしょう。ビジネスとして成り立たなくなる」と語る。

アイドルの恋愛禁止は不条理に感じるかもしれない。年頃の女性が恋愛できない環境を、「人権侵害」と指摘する声もある。一方で、アイドルとしての立ち振る舞いというのも考えなければいけない。恋愛をしていてもファンの夢を壊さないように、隠そうと努力するのがプロとも言える。熱愛スキャンダルが発覚しても、仕事に向き合う姿勢、ファンとの向き合い方がしっかりしているアイドルは信頼を取り戻せる。ただ、それはいばらの道であることは間違いない。(今川秀悟)

今川秀悟

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加