平浩二 くも膜下出血で緊急手術...コンサート中に体調不良訴え ヘリコプターで搬送も

平浩二 くも膜下出血で緊急手術...コンサート中に体調不良訴え ヘリコプターで搬送も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/07
No image

平浩二(2015年)

大ヒット曲「バス・ストップ」などで知られる歌手の平浩二(72)が、5日にくも膜下出血で山口県内の病院に緊急搬送されていたことが6日、分かった。コンサートツアー主催者が発表した。

平は5日に山口県下関市でのコンサート中、突然の頭痛と難聴などの体調不良を訴え、同市内の病院に搬送。くも膜下出血と診断され、6日朝、山口県内の別病院へリコプターで搬送。同日昼に足からカテーテルを入れ、出血を止める緊急手術が行われた。手術は成功し、今後は2週間集中治療室で療養し、その後1週間ほど入院生活を送るという。

関係者によると、特に持病はないが、普段から飲んでいる血液をサラサラにする薬が逆効果となり、なかなか出血が止まらなかった。集中治療室に入るまでの3時間、後頭部を押さえて「頭が痛い」と訴えていたという。コンサート前日や本番直前までは元気に食事をするなど「健康体だった」という。

出演予定だった「夢スター春・秋」の6日の日田市民文化会館、菊池市文化会館、7日の水俣市文化会館、8日の鹿屋市文化会館でのコンサートには出演しない。関係者は「回復までしばらくお休みをいただくことになる」と説明した。

平は70年に「博多ブルース」でデビュー。72年に発表した5作目シングル「バス・ストップ」が大ヒットを記録した

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加