広島・森下 九回続投は志願だった 佐々岡監督が明かす「最高の勝ち方だった」

広島・森下 九回続投は志願だった 佐々岡監督が明かす「最高の勝ち方だった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/09
No image

6安打完封勝利を挙げナインからの祝福に笑顔を見せる森下(中央)=撮影・佐藤厚

「ヤクルト0-2広島」(6日、神宮球場)

広島がヤクルトに完勝し、貯金を再び3とした。チームは3カード連続で初戦勝利となった。

先発・森下は9回6安打無失点でプロ入り2度目の完封勝利。119球の力投でヤクルト打線をねじ伏せ、今季2勝目を挙げた。

八回で105球だった球数を考慮し、佐々岡監督は「代えようかなと思っていた」と明かす。だが本人が続投を志願して九回も送り出した。「本人が『行かせてくれ』と。本当に行きたい(という)目をしていた。最高の勝ち方だった」と勝利の立役者をたたえた。

打線は同点の六回に3番・西川が3号先制ソロ。七回は1死一塁で代走・曽根が初球に盗塁成功。堂林の適時打で生還した。ここまで12球団で唯一、盗塁がなかったが、重要な局面で足を絡めて貴重な追加点を奪った。「週の始めから乗っていける試合になった」と指揮官は6連戦の白星発進に満足げだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加