観月ありさ、体調不良・朝日奈央の代打で登場「事務所の後輩のためならよっしゃいこうと」

観月ありさ、体調不良・朝日奈央の代打で登場「事務所の後輩のためならよっしゃいこうと」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2023/01/25
No image

イベントに登場した観月ありさ【写真:ENCOUNT編集部】

観月ありさ、デビュー日が同じJリーグにエール

俳優の観月ありさが25日、都内で行われたサッカー「Jリーグ30周年オープニングイベント」に登場した。当日は、サッカー解説者の松木安太郎やJリーグOBの中村憲剛、槙野智章、内田篤人らも登壇し、Jリーグの未来について語り合った。

イベントにはタレントの朝日奈央が登場予定だったが、体調不良のため、事務所の先輩にあたる観月が急きょ出席。「同じ事務所の後輩のためになるなら、よっしゃいこうと思ってきました」と参加理由を明かした。ちなみに観月は1991年5月15日にシングル「伝説の少女」でデビュー。Jリーグは93年5月15日に国立競技場で行われたヴェルディ川崎対横浜マリノス戦で開幕した。観月とJリーグは同じデビュー日ということになる。

MCから「Jリーグを見に行ったことはありますか」という質問が上がると、観月は「もちろんスタジアムに見に行ったこともありますし、周りにサッカー大好きな人も多いので、よく見させていただいております」と答えていた。

当日に発表されたJリーグ30周年コンセプトワード「よっしゃいこ!」に合わせて、MCから「よっしゃいこ! の出来事はありますか」という質問が上がると、観月は「舞台や歌手活動は体力を使うので、トレーニングに励んで、体力を維持していきたいなと思います。あと、旅行に行けなかったので旅行に行って、Jリーグを見に行きたいなと思います」と

2023年シーズンで30周年を迎えるJリーグでは、ファン・サポーター、ステークホルダーに理念や将来のビジョンを共有し、30年間の価値や存在感を示しながらも、未来に向けてこれまで以上に持続可能なJリーグの発展・成長へつなげていくために、「Jリーグ30周年プロジェクト」と題し、さまざまな取り組みを行っていくという。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加