事故から2カ月 集中捜索も手掛かり見つからず

事故から2カ月 集中捜索も手掛かり見つからず

  • HTB北海道ニュース
  • 更新日:2022/06/23

知床沖で観光船が沈没し14人が死亡、12人が行方不明となった事故から23日で2ヶ月です。献花台には多くの町民が訪れ花を手向けています。

4月23日に知床沖で観光船「KAZUI」が沈没した事故から2か月が経ちました。斜里町役場の献花台には、亡くなった14人の追悼に人々が訪れ、花を手向け手をあわせています。この事故では今も12人の行方がわかっていません。

野付半島から根室岬にかけての沿岸を中心に道警が21日から23日までの期間、集中捜索を行っていますが、これまでに行方不明者の発見につながる手がかりは見つかっていません。

また斜里町議会では、寄付金を今後の安全対策などにあてる基金条例について、採決が行われる予定です。

No image

(c)HTB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加