【太秦S結果】ベストタッチダウンが逃げ切り勝ち

【太秦S結果】ベストタッチダウンが逃げ切り勝ち

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/10/17
No image

岩田康誠騎手騎乗の2番人気ベストタッチダウンが勝利した

17日、京都競馬場で行われた太秦S(3歳上・OP・ダ1800m)は、先手を取った岩田康誠騎手騎乗の2番人気ベストタッチダウン(牡4、栗東・橋口慎介厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の10番人気ビックリシタナモー(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分48秒1(不良)。

さらにハナ差の3着に3番人気アッシェンプッテル(牝4、栗東・奥村豊厩舎)が入った。なお、1番人気クリンチャー(牡6、栗東・宮本博厩舎)は4着に終わった。

勝ったベストタッチダウンは、父タートルボウル、母タッチザピーク、その父スペシャルウィークという血統。前走のアンタレスSでは1番人気に支持されるも14着と惨敗したが、休み明けのここで巻き返した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加