MACO、難病指定の持病を初告白「勇気を与えられる存在になりたい」

MACO、難病指定の持病を初告白「勇気を与えられる存在になりたい」

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/04/08

【モデルプレス=2021/04/08】シンガーソングライターのMACOが7日、自身のYouTubeチャンネルを更新。難病に指定されているという持病について初めて告白した。

No image

(写真 : MACO(C)モデルプレス)

【写真】MACOが魅せた“ラブソングのカリスマ”の真骨頂 サプライズ発表に歓声響き渡る<ライブレポ/セットリスト>

◆MACO、難病指定の持病を初告白

MACOは「100の質問をやった時に難病指定の病気にかかったことがあるというワードに結構みんな引っかかっていたみたいなので、そのことについてこの際お話してみようかな」と切り出し「あとMACOと同じ病気の人が観て少しでも力になれたら良いなと思って」と、持病を告白することになった経緯を話した。

19歳の時に、原因不明の腹痛や下血に襲われたというMACO。検査の結果、大腸の内側の粘膜に炎症が起こりびらんや潰瘍ができ、激しい腹痛や下痢、下血、発熱などを引き起こす「潰瘍性大腸炎」と診断され「難病指定でずっと付き合っていかないといけない病気」だと知り「ショックだった」という。

安倍晋三元首相や女優の高橋メアリージュンも患ったこの病。MACOはその後3ヶ月の入院や食事療法を経て、症状が落ち着く寛解期を迎えたといい「最初は辛かったんですけど、今は自分で気を付けたら普通の人と同じくらいの生活が出来るので」と明かしている。

また、歌手になり上京してからもワンマンツアー中に入院したことがあると話し「きつくてあまり覚えていない」と告白した。

さらに、動画の公開後にはTwitterでも長文で想いを明かしたMACO。「今までこの病気を隠しながら向き合いながらアーティスト活動を続けてきた立場として、少しでも同じ患者の皆様に勇気を与えられる存在になりたいと思っています。微力ながらも」とつづっている。

◆MACOの告白に反響続々

ファンからは「知らなかった、大変なときにも頑張ってくれてありがとう」「MACOちゃんが発信してくれて救われました」「これからも無理せず頑張ってください」など多くのコメントが寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加