“師弟アベック弾”広島・鈴木誠「良くなっている」堂林「まさか入るとは」

“師弟アベック弾”広島・鈴木誠「良くなっている」堂林「まさか入るとは」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

1回、先制となるソロを放ち、広島 ケビン・クロンに迎えられる広島・鈴木誠也(左)=北谷公園野球場(撮影・北村雅宏)

「練習試合、中日0-4広島」(23日、Agreスタジアム北谷)

広島の鈴木誠也外野手(26)が練習試合で“第1号”を放った。

初回、2死走者なし。清水の真ん中直球を強振した。フラフラと舞い上がった打球は風にも乗って右翼席へと吸い込まれた。ナインとハイタッチを交わした鈴木誠は「甘い球を振れたので良かったです」と表情を緩めた。

今オフから左足を大きく上げて軸足に重心を残す新しい打撃フォームに挑戦しており、「少しずつ良くはなっている。実戦が入れば、いいところ、悪いところが出てくると思う。そこを少しずつ詰めていって自分のものにしていきたい」と今後の展望を語った。

また、堂林翔太内野手(29)も“初本塁打”を記録した。四回2死。フルカウントから清水の低め直球を完璧に捉え、バックスクリーンへソロを放った。「手応えはあったが、まさか入るとは思わなかった。結果的に本塁打で良かった」と安ど。佐々岡監督は「彼本来のセンターから右方向というところ。いい打ち方だった」とたたえた。

堂林は2年連続で後輩の鈴木誠に弟子入りしている。この日の試合前には2人で話し合う場面もあり、打撃の助言を受けていた。

早速、結果を残し、“師弟アベック弾”で勝利に貢献した。今後も固い絆で結ばれた両者がチームの得点源となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加