米軍御用達の断熱材使用!ヒマラヤの冒険家が暖かさと機能を追求した「Yeti Mitts」

米軍御用達の断熱材使用!ヒマラヤの冒険家が暖かさと機能を追求した「Yeti Mitts」

  • MADURO ONLINE
  • 更新日:2021/10/14

ヒマラヤ山脈を裏庭に持つインドのアウトドアメーカー「ブルーボルト」が手掛けた手袋「Yeti Mitts(イエティミット)」。多機能な「レイヤー1」と防水で頑丈な「レイヤー2」を組み合わせることで、さまざまな天候や気温でも快適さを保ちます。登山や雪山での作業、スキー、自転車など、あらゆるシーンで活躍してくれる手袋です。

レイヤー1

No image

水を弾き、水の侵入を防いでくれるだけでなく、スノーボードを持っても滑りにくい加工が施されています。断熱ジッパードラフトチューブが搭載され、熱を遮断できます。

カラビナを通すホールがあり、使わないときはリュックに付けられます。マジックテープ式で、手首や服装の厚みに関係なくしっかり固定可能。

レイヤー2

No image

手のひら側がシリコンになっており、グリップ力が高まります。しっかり握れるので、ロープを使った動作もスムーズに行えます。

Yeti Mittsの3つの特徴

温度や天候に応じてカスタマイズ

No image

温かいレイヤー1と防風防水で頑丈なレイヤー2を組み合わせると、快適温度は-25℃。それでも寒いときは、カイロやインナーグローブを追加できます。

多機能

No image

風を防ぐだけでなく、防水なので水の中でも使用可能。ワイプ付きでゴーグルも鼻も拭けます。ミトンを折返せば全ての指を自由に動かせます。カメラやドローンなどのリモコン操作、カメラの撮影に便利。

No image

折り返した部分は、マグネットスナップでピタッと固定できます。動かないため指が使いやすくて機能的。ジッパーを閉めれば瞬時でミットになります。

ヴィーガン仕様の素材で環境に配慮

No image

レイヤー1は米軍御用達のClimashield APEX断熱材が使用され、超軽量で暖かい仕様。レイヤー2は次世代シリコンゴムとシリコンナイロンで、さらに防水性が強化されています。動物性素材は一切使用せず、環境に配慮して作られています。長く使えるので、ゴミも減らせます。

米軍でも使用されている断熱材で究極の温かさ

No image

断熱材の空気のスペース(ロフト)が多いほど、体温を閉じ込められます。この「Climashield APEX」は空気を多く含むことができ、熱を逃さない優れた断熱材。バリアとして機能し、熱が冷気に放散されるのを防ぎ、手を寒さから守ってくれます。

商品名/Yeti Mitts(イエティミット)
価格/1セット(レイヤー1とレイヤー2)2万3760円、特別価格1万8295円から
サイズ/XS(15.7×7.5cm)、S(17.0×8.3cm)、M(18.3× 9.1cm)、L(19.7×9.9cm)、XL(21.1×10.7cm)
カラー/レイヤー1 ブラック、レイヤー2 ブラック&グレー、ブラック&レッド
重さ/レイヤー1ペア(断熱材) 125g、レイヤー2ペア(防水) 90g
原産国/インド
販売先/Makuake

●NAIA TRADE
050-5362-0864

MADURO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加