【UHB杯】ゼノヴァース 藤沢和師手応え「札幌で勝っているしコースも合うと思う」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

函館日曜メイン、UHB杯(3勝クラス、ダート1700メートル)組の追い切り。藤沢和厩舎が2頭予定だ。ゼノヴァース(牡4)は函館芝で4F54秒8~1F12秒3(馬なり)。藤沢和師は「前走(夏至S5着)も悪い内容ではなかった。札幌で勝っているしコースも合うと思う」と手応え。デッドアヘッド(セン5)はWコースで5F68秒7~1F12秒8(馬なり)。「輸送が駄目なので滞在はいいと思う。最近、結果が出ていないが改めて」とコース替わりに託した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加