マドリー功労者2人の去就は... クロースやはり引退? 在籍23年目ナチョも退団決意か

マドリー功労者2人の去就は... クロースやはり引退? 在籍23年目ナチョも退団決意か

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2023/01/25
No image

レアル・マドリーに長く貢献してきた元ドイツ代表MFトニ・クロース(33)、元スペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(33)の去就が不確定だ。スペイン『Relevo』が伝える。

【写真】ファンから大好評のドイツ代表W杯ユニフォーム

クロースはマドリー在籍9年目、11歳から在籍するワンクラブマンのナチョは23年目を迎えた。2選手は揃って今月で33歳を迎え、今シーズン限りで契約が満了となる。

主軸のクロースは数年前に「33歳での現役引退がベスト」と発言。今夏の引退が噂されており、実際にクラブから契約の1年延長をオファーされて数カ月経つものの、シーズン終了まで回答を保留。1年延長か引退の二択で、マドリー以外のユニフォームを着る可能性は皆無だという。

一方、出場機会が少ないナチョには延長オファーがない模様。だが、こちらの去就も選手自身の意志が最優先されているようで、クラブとしては現行と同じ金銭条件で単年契約を更新し続けていくというプランがあるようだ。すなわち、ナチョはマドリー退団を決意したものと考えられている。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加