ぼる塾全員が絶賛!2000円越えの高級レトルトカレーって何がすごい?

ぼる塾全員が絶賛!2000円越えの高級レトルトカレーって何がすごい?

  • オレンジページnet
  • 更新日:2023/09/19
No image

みなさんこんにちは。ぼる塾の酒寄です。メンバーにおいしいものを紹介してもらうこの連載も第15回目です!

>>今までのおいしいものはこちら

今回のおいしいものはこちら!

3人から「牛テールカレー Gorotto」です!

No image
No image

はるちゃん

「絶対喜ばれるカレー! 自分も嬉しいし、相手も幸せになれるカレー!」

No image

あんりちゃん

「牛テールとカレーが風神雷神のようなインパクト!」

No image

田辺さん

「あれはレトルト界の坂本龍馬。時代を変えた」

■牛テールカレーGorottoを食べるタイミング

ぼる塾の3人はテレビの企画などでよくおいしいものを食べています。私は3人がテレビでおいしいものを食べている姿を見て、

私「わ~、おいしそう! これ食べてみたいな」

一視聴者としてそう感じることが多々あります。そして後日、3人に会ったときに、

私「○○(番組名)で食べていたラーメン美味しそうだった」

あんりちゃん「見ました? マジでおいしいですよ!」

はるちゃん「すごかった! スープが違った!」

田辺さん「あれはやばい! あのスープは(以下略)」

と、改めて直接食レポを聞いたりします。ぼる塾が色んなおいしいものを食べている姿をテレビで見てきた私ですが、中でもとても心惹かれたものがありました。

それはとある番組でぼる塾が食べていたのですが、

私「これレトルトカレー? こんなに大きな肉が入ってるの?」

レトルトカレーとは思えない程大きな牛テール肉が入ったカレーで、番組でもその大きなお肉をかけて3人が熾烈な争いをしていました。

私「食べてみたい! でもレトルトカレーで2000円以上するのか…おいそれとは買えないな」

気になった私は後日、3人に「あのカレーどうだった?」と質問しました。

あんりちゃん「ものすごくおいしいです。値段にびびりますが納得するうまさです」

はるちゃん「酒寄さんも食べて欲しい! すごくおいしいよ!」

田辺さん「本当に食べて欲しいよ! あんたカレー好きだし! 高いけど味が値段超えてくるよ!」

私「やっぱりおいしいんだね! 間違いなくおいしいならプレゼントとかにも良さそう」

田辺さん「プレゼントの前にあんたが食べな! あれは、まず自分へのカレーだよ! 人へのプレゼントは自分で食べてからにしな!」

私(やっぱり超おいしいんだ~そうは言っても2000円超えのカレーは勇気がいるな)

これはあくまで私個人の意見なのですが、同じ2000円の料理でも、ものによってぽんっと出せたり出せなかったりしませんか?

例えば、友達との食事に2000円ならぽんっと出せますし、ハンバーグに2000円も「最近頑張ったし!」と、最近頑張ったことを頭で思い浮かべれば支払えます。しかし、レトルトカレーの2000円はどんなにおいしくてもびびってしまいます。

レトルトカレーは勿論おいしいです! 大好きです。私は無印良品のレトルトカレーをご褒美として食べています。だからこそ勇気がいるのです! だって無印のカレーも400円くらいでとってもおいしいし、それこそ2000円払ったらお店でもかなり良いカレーが食べられる!

私(すごく食べてみたい! でも2000円超え!)

私は食べてみたいと思いつつも買えないまま、1年以上が過ぎていました。そして買えないことでずっと頭の片隅に牛テールカレーGorottoが住み続ける状態になっていました。どんなに嬉しいときも、どんなに悲しいときも、私の頭の片隅に牛テールカレーGorottoはいたのです。

そろそろ牛テールカレーGorottoに私の頭の中の家賃を払って欲しいと思っている時に、転機が訪れました。

とある用事で親族で集まることになったのですが、私は都合があってどうしても行けず、夫だけおいしいものを食べる機会がありました。帰宅した夫からすぐ、

夫「母親から『これでのんちゃん(私です)においしい駅弁でも買って帰ってあげなさい』ってお金渡されたんだけど、電話した時出なかったから何も買わずに帰ってきたよ。のんちゃんのお金だから、好きなもの食べなよ」

そう言って、夫はお義母さんからの2000円を渡してくれました。突然自由に使って良い2000円が舞い込んだのです。こんな嬉しいことはありません。

私(え、2000円! 何食べよう……あ! まさにこれだよ!)

そう、それは牛テールカレーGorotto

ちょうど手元においしいものを食べるための2000円があるのです。これこそ、ぴったりの使い方なのではないかと思い、私は北野エースへと走りました。

私「ついに買える! 牛テールカレーGorotto! 足りない分は自分で出す! お義母さん本当にありがとうございます!」

……この、お義母さんから2000円もらい私が北野エースに走ったのが数か月前の話です。今年2月の話です。私は購入した後、やはりびびってしまい中々食べられなかったのです。だって2000円超えのカレーですよ! タイミングを伺っちゃいますよ!

私(このままではせっかく買ったのに一生食べられないかもしれない……)

そう思い悩んだ私はあることを思いついたのです! このオレンジページの連載を理由に牛テールカレーGorottoを食べるということに! だってこの連載はぼる塾から教わったおいしいものを紹介する連載です! この連載の為に牛テールカレーGorottoを食べるのはまさにぴったりです!

ですから今回は出会いから考えると一年以上をかけて書き上げた貴重な一回となります。それではいよいよ牛テールカレーGorottoを食べてみたいと思います!

■さあ実食!

No image

満を持して箱を開けるとカレーが入った大きな袋とクミンとガラムマサラの小袋が入っていました。クミンはエキゾチックな香り漂う本格カレーに、ガラムマサラはスパイシーな奥深い味に仕上げるそうです。

私「クミンとガラムマサラは味変用かな? 後で試してみよう」

そして作り方なんですが、「必ず湯せんで温めてください」とのことです。

私「湯煎で14分から18分! 長っ! でもこれだけ大きければそれくらい必要か」

一年以上思い続けたこのカレーに関しては18分なんて一瞬みたいなものです。実際、待っている間の18分は一瞬でした。

私「よし! ごはんにかけよう! せーのっ! うおっ!? 肉大きっ!!」

No image

おいしいものを紹介するこの連載、せっかくならキレイにカレーの写真を撮ろうとしたのですが、予想以上にルーがたっぷり&肉が大きすぎて米がほとんど沈んでしまいました。ですが、よりリアルに肉の大きさをお伝えする写真が撮れたと思います。

私「ではやっと……いただきます! わーっ! 高級レストランだっ!」

本当に一口食べた瞬間、高級レストランの味がしました。この連載がもしグルメ漫画だったら私はよそ行きのワンピース姿に変身し、レストランの椅子に座って「わーっ! 高級レストランだっ!」と、驚いているイラストを見開き2ページを使って描いて表現しています。

私「おいしい! レトルトを超えている! 本当にレトルト!?」

田辺さんが「レトルトって言われないと絶対にわからない。なんならレトルトと言われてもわからない」と、このカレーを表現していたのですが、まさにそれです! 自分で湯せんして盛りつけたはずなのに、素敵な初老のウェイターが私の席まで運んでくれた過去をうっかり捏造してしまいそうになるほど高級レストランのおいしいカレーなのです!

私「味が濃い! 欧風カレーって濃厚だけど、それを超えた濃厚さがある。ちょっとビーフシチューも感じさせる」

溶けだした牛テールのエキスの力なのかルーはとてもコクがあります。料理は全くの素人の私ですが、恐らくこのルーはたまねぎも良い仕事をしていると思います。たまねぎが良い仕事をしているものは大抵ものすごくおいしいからです。ルーに入っていたマッシュルームもこのルーにぴったりです。

私「ではいよいよ肉に……」

牛テールの大きさによってお肉は1個か2個ついていると説明があったのですが、私のカレーにはものすごく大きな肉といっしょに、おまけにしては立派過ぎる、けして小さくないお肉の合計2個が入っていました。

私「最高っ! なにこのお肉っ! 感動してしまうっ!」

お肉はほろほろして柔らかく感動するおいしさです。コックコートを着たシェフが何時間もかけて煮込んでいる姿が食べながら脳内再生されました。

私「これはまた頑張ったときにご褒美として買おう。次は全額自腹で買う。お義母さんにもプレゼントしよう」

高級なのでゆっくり味わって食べたのですが、真剣に向き合い過ぎてクミンとガラムマサラの小袋を使い忘れたまま食べ終えてしまいました。

2000円超えはお高いですが、勇気をふり絞って買うと驚きのおいしさが待っています! 私なんて買ってから数ケ月楽しめました! そう思うと安いかも?

No image
No image

ぼる塾 酒寄希望(さかより のぞみ)

お笑い芸人。1988年4 月16日生まれ・B 型。東京都出身。お笑いカルテット・ぼる塾のリーダー。1児の母。著書に『酒寄さんのぼる塾日記』『酒寄さんのぼる塾生活』(ヨシモトブックス)など。

今回登場したのは……

〈長崎〉株式会社豊味館

No image

牛テールカレー Gorotto 2160円
公式サイト:https://www.n-oishika.net/shopdetail/000000000001

オレンジページ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加