陵侑、今季初戦で圧勝 2位に飛距離換算で17メートルの大差

陵侑、今季初戦で圧勝 2位に飛距離換算で17メートルの大差

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

ノルディックスキーの宮の森サマージャンプ大会は5日、札幌市・宮の森ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS100メートル)で行われた。男子は北京冬季五輪個人で2つのメダルを獲得した小林陵侑(25=土屋ホーム)が今季初戦に臨み、1回目に最長不倒となる101・5メートルをマークするなど合計266・5点で圧勝した。

No image

優勝カップを手に笑顔の小林陵

小林陵侑ってどんな人?略歴、トリビアも!

2位に飛距離換算で17メートルの大差をつけ、「久しぶりの試合だったので楽しかった」と笑みを浮かべた。オフはテレビ出演などで多忙を極め、飛躍練習は「30本ほど。例年の半分も飛んでいない」というが、「ちゃんと自分の意識のことができた。全体的に悪くない」と好感触を口にした。

また、女子の高梨沙羅(クラレ)が現役続行を表明したことに「また一緒に戦えるのは凄くうれしい」と表情を緩めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加