中日木下拓哉勝ち越し弾 2戦ぶり先発マスク存在感

中日木下拓哉勝ち越し弾 2戦ぶり先発マスク存在感

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

2回表中日1死一、二塁、木下拓は左越え3点本塁打を放つ(撮影・加藤孝規)

<広島-中日>◇16日◇マツダスタジアム

2試合ぶりにスタメンマスクを被った中日木下拓哉捕手がバットで見せた。

同点に追いついた後の2回1死一、二塁で広島先発床田の135キロツーシームを芯で捉え、左翼席上段へ勝ち越し4号3ランを放った。「積極的にいこうと思っていて、本塁打という最高の結果になりました」。正捕手候補がバットでも存在感を見せた。

▽中日遠藤(2回1死一、三塁から同点左前適時打) 先に点を取られたので、すぐに追いつくことができて良かったです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加