朝乃山受けの格好は一蹴されて当然/大ちゃん大分析

朝乃山受けの格好は一蹴されて当然/大ちゃん大分析

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/12
No image

御嶽海に敗れ、浮かない表情で土俵から引き揚げる朝乃山(撮影・河田真司)

<大相撲初場所>◇3日目◇12日◇東京・両国国技館

大関陣総崩れのトリを朝乃山が取ってしまった。半歩、先に踏み込んでいるが当たっていない。胸が反って体が起きた状態で立っている。攻めの形でなく受けの格好では、押しのはまった御嶽海に一蹴されるのも当然だ。先場所、途中休場の影響でなく自分の相撲が取り切れていない。その極みが貴景勝だろう。

出稽古も出来ないのは厳しい。いくら合同稽古をやっても一番、調子が良かった白鵬が休場しているのも皮肉だ。コロナ禍という特殊な状況下、難しい土俵が続くだろう。ただ土俵に上がれば、そんなこと言ってられない。いかに自分を戒めて、厳しくやってきたかが問われている。コロナ禍に置かれても、それに打ち勝ち、コツコツと稽古をしてきた力士が芽を出す。今場所は大関も三役も前頭も関係ない。荒れた場所になるだろうが、最後は精神力の差で結果が出るだろう。(元大関朝潮・日刊スポーツ評論家)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加