「意識はあった」ライバルの目前でコースレコ―ドタイ 古江彩佳がド派手な首位発進

「意識はあった」ライバルの目前でコースレコ―ドタイ 古江彩佳がド派手な首位発進

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/11/25
No image

古江彩佳が大爆発「64」 逆転賞金女王へ最高の滑り出し|撮影:村上航

<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 初日◇25日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6543ヤード・パー72>

賞金女王争いのライバル・稲見萌寧の前で圧倒的なプレーを見せた。逆転女王には単独2位以上が最低条件の古江彩佳が9バーディ・1ボギーの「64」とトーナメントコースレコードタイのプレーを見せて、8アンダーで単独首位発進を決めた。

最新! 古江彩佳のドライバースイングをコマ送りで【連続写真】

稲見とともに最終組でティオフした古江。真っ向勝負でいきなり主導権を奪った。出だしの1番で左ラフから「エッジに落とそうと思った」と、ランの計算ばっちりの2打目を30センチにつけてバーディ先行。先制パンチをかますと前半だけで7バーディの荒稼ぎ。伸ばしあぐねる稲見を尻目に、9ホールの大会最少ストロークを1打更新する「29」を叩き出す。

折り返しての10番でもバーディを奪取。稲見とはこの時点で11打差がつき、マッチプレーであればここで勝負アリ。さらに攻勢は止まらず13番でもスコアを伸ばして、ボギーは15番の1つのみ。最終18番でも2.5メートルのパーパットを沈めて「100点に近い」ラウンドを終えた。

「ショットがうまく打てていた」と納得の表情を見せた古江。目がきついコーライ芝のグリーンとあって「パターが入るかは運しだい」というなか、7番で6メートルを決めるなどいつも以上に芯でとらえた強気のパッティングでスコアメイクした。「入ってくれてよかった」と狙い通りのバーディ量産となった。

稲見とのラウンドは会話もなかったが、「2サム(2人1組)で結構忙しかったので…」と“バチバチ感”は否定。それでも「目の前でラウンドをしているので意識はあります」とやはり気にならざるを得ない。そのなかでコースレコードなのだから恐れ入る。

これまで最終戦で逆転して賞金女王となったケースはわずか6度のみ。7度目のドラマに向けて最高の滑り出しとなった。「あしたも自分に集中していいゴルフができればいい。この試合の1位を意識しています」。頂点だけを見て、このまま一気に駆け抜ける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加