池袋に火星の入り口発見!『火星カレー』で新しい宇宙を味わう

池袋に火星の入り口発見!『火星カレー』で新しい宇宙を味わう

  • さんたつ by 散歩の達人
  • 更新日:2022/11/25

「並んででも食べたい」「ここでしか味わえないカレーなので、週イチで行く」という熱狂的なファンを多く持つことでも有名な人気店。ハマると定期的に食べずにいられなくなるらしい。

徹底的に推されてます! 熱烈ファン多数の池袋の名店

池袋西口。劇場通りを渡って進むと、個性豊かな飲食店が並ぶ一角がある。なかでも、シンプルな看板ながらひと際目を引くのがここ『火星カレー』だ。

No image

ひときわ目を引く看板。

地下1階に降りると、『火星カレー』キャラクター「火星人子(ひぼしじんこ)ちゃん」の看板がお出迎えしてくれる。店内に入ると、右手に券売機があるのでメニューを決めて食券を購入する。ボタンには、羊、鹿、牛、カンガルーなどのほんわかしたタッチのイラストが。

実はここ、作ったゲームの名前を聞けばたいていの人は知っているであろう、某著名なゲームクリエイターがオーナー。

No image

『火星カレー』イメージキャラクターの火星人子さん。

地球上にないカレー=『火星カレー』

「インドにもない、タイにもない、地球上のどこにもないカレーということで『火星カレー』なんです」と話すのは店長の橋本隆博さん。

No image

店長の橋本隆博さん。

『火星カレー』を開発したのは、オーナーの綾瀬和さん。おいしくて、不思議だけれど理にかなったレシピに魅せられた橋本さんと、2014年4月、ふたりで『火星カレー』をオープンした。

No image

店内の様子。食に集中できる。

「普通のカレーとは作り方がまったく違うんです。キーマカレーに似ていますが、火星カレーのルゥは野菜と肉が崩れたもの。味も具材も作り方も独特で、新鮮な具材の栄養がそのまま残っています。一皿で成人に必要な1日分の野菜の6割を摂ることができるんですよ」。

なんとヘルシーな。しかも、すごい人気ですよね。熱烈なファンが多い印象です。

「ほかにはない味なので、初めて食べた人は驚くと思います。好みが分かれますね。気に入ってくれた方はとことん気に入って通ってくれます。嬉しいですね」。

No image

まずは券売機で食券を購入しよう。

『火星カレー』はお肉の存在感がすごい

「お肉をがっつり食べられるんです。鶏や豚、牛のほかに羊や鴨も。鹿やカンガルーなどのジビエもありますよ。いろいろなお肉を気軽に食べてほしいなと思っています。お寿司屋さんでいろいろなネタを頼むようにお肉もね」。

お肉が追加でトッピングできるので、たとえば「羊カレーにカンガルー肉を追加」したりもできる。

さまざまなお肉を味わってみよう。

お肉以外に、草や豆などのトッピングメニューも。

No image

カンガルーカレー 1480円+草トッピング190円 。盛り付けはモンサンミッシェルをイメージ。

食べてみたら、火星に行ける!?

No image

宇宙テイストのインテリア。

ルゥとご飯を口に運ぶと、まず感じるのは素材の甘み、次に来るのが複雑に絡み合った旨み、最後にスパイスが抜けるようなすっきりとした後味。

これは初めての味です。たまらなく、後を引きます。

初めての味に途惑うも、スプーンを持つ手が止まらない。あっという間に平らげてしまった。

No image

羊カレー1360円+豆トッピング150円 。盛り付けは月をイメージ。

次回火星に来るときは、ラクダカレー1000円にチャレンジしようと心に決めて店を出たのだった。

No image

火星からこんにちは。

No image

橋本さんとスタッフ。

構成=フリート 取材・文・撮影=逸見チエコ

火星カレー
住所:東京都豊島区西池袋3-27-3 S&Kビル B1F/営業時間:17:30~21:45(木・土は11:30~15:00・17:30~21:45、日は11:30~15:00・17:30~21:00※ラストオーダーは閉店30分前/定休日:月・火/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩4分

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加