イム・シワン(ZE:A)、超ド級のキャラクター変身“国税庁の変わり者+図々しい実力者”としてカムバック

イム・シワン(ZE:A)、超ド級のキャラクター変身“国税庁の変わり者+図々しい実力者”としてカムバック

  • WoW!Korea
  • 更新日:2021/11/25
No image

イム・シワン(ZE:A)、超ド級のキャラクター変身“国税庁の変わり者+図々しい実力者”としてカムバック1(画像提供:wowkorea)

俳優イム・シワン(ZE:A)が、新ドラマ「トレーサー」で新しい演技を見せる。

「トレーサー」は、韓国の動画配信サービスWavve(ウェーブ)の新オリジナルドラマ。ある人にとっては判事・検事より恐ろしい場所・国税庁。別名“ごみ置き場”と呼ばれる租税5局に転がり込んだきついやつの、捨て身の活躍を描いた痛快な追跡劇だ。

ドラマ「ミセン-未生-」のインターン生、「他人は地獄だ」の作家志望生、「それでも僕らは走り続ける」の陸上韓国代表など、様々な作品で青春を表現する演技で大きな人気を集めたイム・シワン。今回の新作「トレーサー」で、前作とは180度異なる強烈なイメージ変身をはかる。

劇中、イム・シワン扮するファン・ドンジュというキャラクターは、前職で大企業の支援金を管理した業界最高の会計士として、金と成功どちらも手にした人物。だが、突然順風満帆だった会社を辞め、今は国税庁の調査官となり別名“ごみ置き場”と呼ばれる租税5局のチーム長になったキャラクターだ。業界を牛耳ってきた格別な実力はもちろん、特有の図々しさと変わったやつとして、国税庁をばっさりぶった切り、少しも予測できない捨て身の活躍を繰り広げる。

イム・シワンは、悪い金を追うきつい男ファン・ドンジュを通じて、特有のソフトな微笑みを封じ、カリスマあふれる視線ととぼけた魅力で、今年の冬、視聴者たちにピリッとした楽しみを伝える予定だ。

「トレーサー」は、国税庁を背景に新鮮な素材と痛快なストーリーとともにイム・シワン、コ・アソン、ソン・ヒョンジュ、パク・ヨンウまで幅広い世代の俳優たちの共演で、期待感を加える。今年の冬Wavveで公開予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加