FIFAが産休義務化を検討、妊娠選手の保護を目的に

FIFAが産休義務化を検討、妊娠選手の保護を目的に

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/11/20
No image

国際サッカー連盟のロゴ(2019年2月15日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】国際サッカー連盟は19日、「少なくとも14週間におよぶ」出産休暇の義務化といった、妊娠している選手を保護する一連の措置の導入を検討していると明かした。

FIFAで女子サッカー部門の主任責任者を務めるサライ・バラマン氏は、記者団に対し「より多くの女性にサッカーをプレーしてほしいだけでなく、同時に家族も持ってほしい」とコメントした。

FIFAによると、来月行われる評議会での承認に向けて一連の改革を進めており、全211の加盟連盟にすぐさま適用するという。

14週にわたる産休の義務化により、選手は最低でも契約給料の3分の2が保証されるようになる一方で、FIFAは「妊娠を理由に女子選手が不利益を被っては絶対にいけない」と述べるなど、クラブが妊娠した選手との契約を解除しづらくなるようにしたいという意思を示した。

この提案では、仮に妊娠した後に選手が解雇されれば、責任を負うべきクラブは「競技面」だけでなく、金銭面でも処分を受けることになる。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加