【日本代表】鎌田大地のゴールで先制 オフサイド一気にトレンド入り、VARに感謝の声も

【日本代表】鎌田大地のゴールで先制 オフサイド一気にトレンド入り、VARに感謝の声も

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/09/24
No image

日本対米国 前半、先制ゴールを決めた鎌田(中央)を祝福する日本代表イレブン(ロイター)

〈国際親善試合:日本-アメリカ〉◇23日◇ドイツ・デュッセルドルフ

日本がMF鎌田大地(26)のゴールで先制した。1度は判定された「オフサイド」がツイッターで一気にトレンド入りした。

前半25分、右サイドをドリブルで運んだMF伊東がペナルティーエリア中央の守田にパス。左サイドに抜け出しフリーとなっていた鎌田に素早く渡すと、鎌田が右足でしっかりゴールを決めた。

鎌田のゴールは、1度はオフサイドと判定されたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)により、ゴールの判定に覆った。

この試合でも導入されているVARに、ツイッター上では感謝の声も挙がっていた。

なおW杯本大会では、AIによるセミオートマ(半自動)のオフサイド判定システムが搭載された新たなVARが導入される。

FIFAは「この新技術は、スタジアムの屋根の下に設置された12台の専用トラッキングカメラを使って、ボールと個々の選手の最大29のデータポイントを1秒間に50回追跡し、ピッチ上の正確な位置を計算するものである。収集された29のデータポイントには、オフサイド判定に関連するすべての情報が含まれている」と説明している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加