V6が「MUSIC FAIRスペシャルメドレー」を披露!最後には、井ノ原快彦からファンへ熱いメッセージも

  • フジテレビュー!!
  • 更新日:2021/10/14

V6と仲間由紀恵は、95年にデビューした“同期”。ドラマでの共演経験もあり、思い出話でおおいに盛り上がる。

今回の『SHIONOGI MUSIC FAIR』(10月23日放送/フジテレビ)は、11月1日(月)をもって大きな区切りを迎える、V6が登場。最新の楽曲や、ライブでおなじみの曲を集めた「MUSIC FAIRスペシャルメドレー」を披露する。

No image

ギャラリーリンクV6

V6は、1995年、フジテレビの「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとしてデビュー。今年で26年目を迎えた。実は、MCの仲間由紀恵も95年にデビューした“同期”で、メンバーとは2000年にドラマでの共演経験があるといい、思い出話で盛り上がる。

最初に披露するのは、今年6月に発表したシングル曲「MAGIC CARPET RIDE」。この曲の振り付けは、森田剛が担当のスタッフと共同で考えたもの。

岡田准一が「ダンスをそぎ落としながら、カッコいいところを探っていったんだな」と感じたという、クールな振り付けが見られる。

V6『MUSIC FAIR』最後のステージ

続いて10月26日(火)に発売される、彼らの集大成的なベストアルバム「Very6 BEST」の話題も。400曲以上の中から、メンバー自ら選曲したアルバムで、その選曲作業に非常に苦労したエピソードや、アルバムへの思いを語ったあと、「MUSIC FAIRスペシャルメドレー」を披露する。

このメドレーについて、井ノ原快彦は「ライブで特に歌うことが多い曲ばかりで、みんなで一緒に踊っていただけると思います」と期待を込める。

また、現在その真っただ中という4年ぶりのツアーについてもたっぷりと語る。リハーサル中は、岡田がカメラマンとなり、メンバーの写真を撮りまくっているというが、岡田が撮影することの最大のメリットについても明かされる。

坂本昌行がツアー中に始めたという趣味の話題になると、坂本は「どこから仕入れたんですか?」と思わず苦笑い。ほかにも、ツアーの舞台裏での爆笑エピソードが次々と明かされる。

最後には、メンバーを代表して、井ノ原からファンへの熱いメッセージが。そして、ベストアルバムからの1曲「Full Circle」で締めくくる。

25年に渡り、音楽、バラエティ、ドラマ、映画などさまざまなジャンルで個性豊かに活動し、楽しませてくれたV6の、『MUSIC FAIR』最後のステージとなる。

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/MUSICFAIR/

公式Twitter:https://twitter.com/MUSICFAIR_Fuji

フジテレビュー!!編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加