【秋華賞 枠順データ分析】外目の枠順はオークスでの末脚実績に注目

【秋華賞 枠順データ分析】外目の枠順はオークスでの末脚実績に注目

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/10/16
No image

秋華賞 馬番データ

18日に京都競馬場で行われる秋華賞(3歳・牝・GI・芝2000m)について枠順・馬番別に検証していく。

過去10年、馬番別では最多となる4回の馬券絡みが4番。3回で1番、14番が続き、2回が2番、6番、7番、12番、13番、15番となっている。

参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 0-3-2-14 複勝率26.3% 複勝回収率68%
2枠 1-2-2-14 複勝率26.3% 複勝回収率58%
3枠 2-0-1-17 複勝率15.0% 複勝回収率50%
4枠 1-2-0-17 複勝率15.0% 複勝回収率30%
5枠 0-2-0-18 複勝率10.0% 複勝回収率35%
6枠 1-0-2-17 複勝率15.0% 複勝回収率24%
7枠 3-1-3-22 複勝率24.1% 複勝回収率138%
8枠 2-0-0-28 複勝率6.7% 複勝回収率11%

【オークスで上がり3F2位以下】
1枠 0-3-2-14 複勝率26.3% 複勝回収率68%
2枠 1-2-2-14 複勝率26.3% 複勝回収率58%
3枠 2-0-1-17 複勝率15.0% 複勝回収率50%
4枠 1-2-0-17 複勝率15.0% 複勝回収率30%
5枠 0-2-0-18 複勝率10.0% 複勝回収率35%
6枠 0-0-1-16 複勝率5.9% 複勝回収率15%
7枠 0-1-3-22 複勝率15.4% 複勝回収率137%
8枠 0-0-0-28 複勝率0.0% 複勝回収率0%

まず、8枠の不振傾向が目に留まり、同枠順から勝利した15年ミッキークイーンと13年メイショウマンボの2頭にはオークス勝ち馬という共通点がある。また、6・7枠においても勝ち馬4頭のうち3頭が、18年アーモンドアイ、12年ジェンティルドンナ、10年アパパネと牝馬二冠を達成している実績馬だった。

そこでオークスでの実績に着目してみたところ、17年ディアドラ(7枠14番)含め、6〜8枠から勝利した6頭は、いずれもオークスで上がり3F1位となる末脚を記録している。1・2枠が複勝率において最高値を記録しているように、余程の実績がある馬でない限りは内枠優勢と捉えるべきだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加