写真1枚に猛反発の中国...Dior「批判後すぐに削除した」謝罪

写真1枚に猛反発の中国...Dior「批判後すぐに削除した」謝罪

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2021/11/25
No image

中国の有名フォトグラファー陳漫氏 [写真=ウェイボーキャプチャー]

フランスのラグジュアリーブランド「Dior(ディオール)」が中国人女性を蔑視したとしてSNS上などで炎上した写真に対して謝罪した。

24日(現地時間)、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、Diorは前日、中国SNS「微博」を通じて「インターネットで批判が出た後すぐに該当の写真を削除した」と謝った。

Diorは「私たちは世論を高く評価しており、中国人の感情を尊重している」とし「中国の法と規定に厳格に従い、すべての展示作品の評価に対する関連部門を支援する」と説明した。

Diorが謝罪した写真は、今月12日に上海のウェストバンドアートセンターで開かれた「Lady Dior(レディ・ディオール)」展で公開された作品だ。化粧気のない顔にスモーキーなアイメイクを濃厚に施し、清国伝統衣装を身にまとったアジア系モデルがDiorのブランドバックを持ってカメラに強烈な視線を送っている写真だ。

作品が公開されるや中国官営メディアは反発した。中国女性新聞は「中国文化を歪曲(わいきょく)し、中国女性を醜く見えるようにした意図がある」と批判した。官営北京デイリーも「これがDiorの目に写ったアジア女性の姿なのか」と指摘した。

それだけでなく、中国のSNSなどでもDiorとこの写真を製作したフォトグラファーに対する非難のコメントなどが相次いだ。Diorは結局、該当の写真を展示会から外して削除措置した。

この写真は中国の有名フォトグラファー陳漫氏の作品だ。陳氏はVOGUE(ヴォーグ)やELLE(エル)、COSMOPOLITAN(コスモポリタン)など世界の有名ファッション雑誌の表紙を手掛けている。陳氏も「未熟で無知だった」とコメントし、謝罪の意を明らかにした。

陳氏は「私は中国で生まれ育った中国人で、祖国を深く愛している」とし「芸術家として中国の文化を伝達・記録し、作品を通じて中国の美しさを見せなければならない義務をよく分かっている」と伝えた。また「中国の歴史をもっと読み、もっと教育プログラムに参加する」と付け加えた。

中国内では非難世論が多いが、中国社会の狭いスペクトルを見せているのではないかという指摘もある。SCMPは該当のニュースを伝えながら「一部では中国の主流美的基準があまりにも狭すぎるという言葉もある」と伝えた。2019年イタリアブランド「Dolce & Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)」は箸でピザを食べる広告を出したところ「中国文化を嘲弄している」という非難を受けてこの広告を撤回したことがある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加