広島は大瀬良が大誤算 阪神と同率4位に...

広島は大瀬良が大誤算 阪神と同率4位に...

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

2回4失点で降板した広島・大瀬良=マツダスタジアム(撮影・宮沢宗士郎)

(セ・リーグ、広島3ー7阪神、25回戦、広島14勝9敗2分、23日、マツダ)Aクラス入りを争う大一番で鯉のエースがわずか43球の衝撃KOだ。騒然とするマツダスタジアム。広島・大瀬良大地投手(31)が立ち上がりに5安打4失点と苦しみ、今季最短の2回で降板した。試合前時点で今季対阪神は2試合に先発し0勝1敗、防御率4・91と相性が悪く、この日も苦戦した。一回に先頭・中野に左前打、1死後、近本をフルカウントまで追い込んだが、6球目、141キロの内角カットボールを右中間適時二塁打され、先制点を献上した。さらに大山に中堅フェンス直撃の適時二塁打、続く原口に左翼席上段へ運ばれる特大2ランを被弾。本拠地の観客席から怒号が飛んだ。一時は2点差に迫ったものの、終わってみれば完敗。阪神に同率4位で並ばれてしまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加