中森明菜、個人事務所弁護士の「異例対応」は“元カレ”へのマウンティングか?

中森明菜、個人事務所弁護士の「異例対応」は“元カレ”へのマウンティングか?

  • アサジョ
  • 更新日:2022/09/23
No image

中森明菜の「NHK紅白歌合戦」出場が取りざたされている。

【関連記事】中森明菜、声なき「デビュー40周年」も根強いファンの存在

突如ツイッターと個人事務所を開設した明菜だが、9月17日配信の「FLASH」電子版によると、NHKは明菜を紅白に担ぎ出すため、プロジェクトチームを結成するそう。NHKはすでに、明菜の体調が少しずつ回復してきたとされていることに合わせ、7月に過去のライブ映像を放送。これが好評で、11月~年末にかけてはスペシャル番組を予定しているという。

明菜本人が動き出したのは8月30日。新たなツイッターの開設と個人事務所の設立を発表した。そんななか、明菜をサポートしている弁護士の対応が「異例」だとマスコミ関係者がざわついているのだという。

「ある週刊誌記者が明菜の新しい個人事務所にコンタクトを取ったところ、実に慣れた感じでくだんの弁護士が取材対応したので、その記者はビックリ。逆に裏があるのではないかと勘繰っていたほどでした」(出版関係者)

マスコミへの対応が丁寧な理由の一つが、明菜の前事務所のマネージャーで恋人とされたA氏に対する“マウンティング”だという。

「中森、そして新しい事務所の弁護士は、A氏側に新事務所の開設をどこまで説明していたのかと周囲は疑問視しています。おそらく、ツイッターと新事務所の開設を見切り発車的に発表して既成事実として固め、A氏にはもう中森のマネジメントに関わらせずに、自分が主導権を取るつもりなのでは。そのため、マスコミを使って積極的に情報発信している可能性はありそうです」(前出・出版関係者)

はたして、A氏とのトラブルなく、無事に「紅白」で明菜の姿を見ることができるだろうか。

アサジョ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加