13K大谷翔平、絶叫した“感情爆発ガッツポーズ”に米熱狂「彼は間違いなくロボット」

13K大谷翔平、絶叫した“感情爆発ガッツポーズ”に米熱狂「彼は間違いなくロボット」

  • THE ANSWER
  • 更新日:2022/06/23
No image

試合後にチームメイトとハイタッチするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平、気持ちが爆発した12個目の三振とは

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で先発し、8回2安打無失点、メジャー自己最多の13奪三振で今季6勝目を挙げた。7回に12個目の三振を奪うと、吼えながら渾身のガッツポーズ。感情を爆発させたシーンの動画をMLB公式などが公開した。米ファンを「特別なものを見ている気がする」「普通じゃない」と熱狂させている。

圧巻の投球だった。1-0の7回2死走者なし。右打席のハンター・ドージャーを追い込んだ後の5球目だった。鋭い目つきの大谷が投じた90マイル(約145キロ)のスプリットは、ベース手前で急激に変化。バットは空を切った。その瞬間、大谷は雄叫びを上げながらガッツポーズ。ベンチへ向かいながらもう一度、拳を握りしめた。キャリア最多に並ぶ一試合12個目の三振だ。

大谷の気持ちが“二段階”で爆発した瞬間の動画を、MLB公式ツイッターが公開。文面に「大谷の12個目!」と記すと、米ファンからは「現実離れした才能だよ」「特別なものを見ている気がする」「彼は間違いなくロボットだ。普通じゃない」「信じられない」「ビーストだ」「素晴らしい姿勢と感情を常に出している」とコメントが寄せられていた。

8回も登板した大谷は、3人目からメジャー自己最多となる13個目の三振を奪った。前日は3ラン2本を含む4打数3安打8打点。連夜の大活躍だった。この日は打者として3打数1安打2四球。5-0の勝利に導き、連敗を2でストップさせた。

(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加