人が集まる熟成肉の魅力を味わい尽くす。「熟成兄弟×ロンハーマン カフェPOPUP」、千駄ヶ谷店で開催

人が集まる熟成肉の魅力を味わい尽くす。「熟成兄弟×ロンハーマン カフェPOPUP」、千駄ヶ谷店で開催

  • SPUR
  • 更新日:2021/04/07

ロンハーマン カフェ千駄ヶ谷店がサウナ愛好家(通称サウナー)に人気の店舗を持たない肉屋「熟成兄弟」とのコラボを実現。コラボメニューが楽しめるほか、熟成兄弟による新ブランド「NIKU DEVISE」 の食品も購入できる。

No image

2019年に渡米し、長期乾燥熟成(ドライエイジングビーフ)技法を学んだ藤原佑太と波多野嵩士による「熟成兄弟」。霜降りの少ない赤身肉をより美味しく、たくさん食べられるようにするのが熟成という手法なのだという。

「熟成兄弟」は「人が集まる肉をつくる」をテーマに、長期乾燥熟成肉(ドライエイジングビーフ)づくりから販売までを一貫して行っている2人組。カリフォルニアで熟成方法を学び、自社専用熟成庫で60日以上熟成させた肉を販売している。赤身肉は長期乾燥熟成することでしっとりと柔らかく仕上がり、 ナッツやアーモンドのような熟成香が楽しめるのが特徴。この熟成肉を、ストレスを緩和し心と体の状態をととのえるサウナと掛け合わせる“サ飯”(サウナ後に食べるご飯)でも人気を集めている。

No image

「60日間熟成させたリブロースステーキ 200g」(フレンチフライ、クレソン、粒マスタード添え)イートイン:¥5,000、テイクアウト:¥4,909

今回のコラボレーションは「熟成兄弟」が栃木県・前田牧場の赤身肉を用いてつくる熟成肉の魅力を多くの人に知ってもらうために実現したもの。コラボメニューは60日間熟成させたしっとり柔らかな肉本来の味を堪能できるステーキと、豚・牛の合いびき肉にアクセントとして牛ホルモンを入れた「ホルモン生ソーセージ」を使ったホットドック。また、2021年にスタートした「NIKU DEVISE」の商品から、前出の「ホルモン生ソーセージ」と、熟成肉のトリミングから生まれた肉醤「ビーフガルム」、ビーフガルムの諸味で作った「トラパニペースト」を販売する。

No image

「『NIKU DEVISE』の生ソーセージを使用したホットドック」(生ソーセージ、トラパニペースト、タマネギのアッシェ)イートイン:¥900、テイクアウト:¥884

No image

左から「トラパニペースト」120g ¥2,200、「NIKU DEVISE」の「ホルモン生ソーセージ」(ハーブ/プレーン、冷凍での販売)180g・3本入り 各 ¥1,300、「ビーフガルム」90ml ¥3,250 ※いずれも数量限定

霜降りが少ない赤身肉をより美味しく食べられる熟成肉を、この機会に味わってみてはいかが。

「熟成兄弟×ロンハーマン カフェPOPUP」
会期:〜2021年4月18日(日)
会場:ロンハーマン カフェ千駄ヶ谷店(東京都渋谷区千駄ヶ谷2-11-1)
時間:10:00~20:00(L.O.19:00)
会期中無休
0120-008-752
https://ronherman.jp/

text : Shiyo Yamashita

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加