独首相がプーチン氏と電話会談、早期のウクライナ停戦呼びかけ

独首相がプーチン氏と電話会談、早期のウクライナ停戦呼びかけ

  • ロイター
  • 更新日:2022/05/13

(見出しの誤字を修正して再送します)

No image

ドイツのショルツ首相は13日、ロシアのプーチン大統領と電話会談を行い、ウクライナとの停戦にできるだけ早く合意するよう促した。独政府報道官が明らかにした。写真はドイツのショルツ首相。提供画像(2022年 ロイター/Sputnik/Sergey Guneev/Kremlin via REUTERS)

[ベルリン 13日 ロイター] - ドイツのショルツ首相は13日、ロシアのプーチン大統領と電話会談を行い、ウクライナとの停戦にできるだけ早く合意するよう促した。独政府報道官が明らかにした。

報道官は、ウクライナの人道的状況を改善し、紛争を外交的に解決するために停戦が必要と指摘。会談は1時間15分にわたり、ショルツ氏は世界の食糧事情に対するロシアの責任についても言及したという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加