「伊達公子/扉が開いた瞬間」日本女子テニス界の名手が明かす人生のターニングポイント<SMASH>

「伊達公子/扉が開いた瞬間」日本女子テニス界の名手が明かす人生のターニングポイント<SMASH>

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/08/06
No image

女子テニスの「WTAツアー」でトップ50位内に入った実績を持つ日本人8名が、その経験値をジュニア世代に還元するために立ち上げた一般社団法人『Japan Women’s Tennis Top50 Club』(JWT50)。そのメンバーがリレー形式でキャリアの分岐点を明かす『扉が開いた瞬間』。第1回は、JWT50の理事を務める、元世界4位の伊達公子氏が登場。彼女のターニングポイントについて話を聞いた。

◆    ◆    ◆

「初めて試合に出たのは8歳の時。京都のいわゆるローカル大会で、その時が3位。最初から3位。その後も最低3位で、最高でも2位」

“世界の伊達公子”が、真顔で言う。

謙遜ではない。大げさでもない。それが少女時代の、過不足なしの伊達公子だというのだ。

幼少期から「負けず嫌い」だった彼女がテニスに出会ったのは、「3位」が悔しくて泣いた8歳の日から、2年ほど遡った時のこと。両親が通いはじめた会員制のテニスクラブに、連れられていったのが始まりだった。

活発で外で遊ぶのが好きな少女にとって、テニスクラブは、「遅くまでいても怒られない遊び場」だったという。

「公園に遊びに行ったら、母親から『5時までに帰ってきなさい』って言われるのに、テニスだったら親も一緒だから言われない。学校の同級生もいたし、山にも遊びに行けたし。門限がないので、公園に行くよりテニスクラブに行く方が楽しかったんです」

その時から40年以上経った今でも、当時を回想する彼女の顔には無垢な笑みが広がる。山の梺にある、テニスコート2面の小さなクラブ。そこで両親がボールを打つ間、公子少女は山を駆け、時にはコートに立ち、会員の大人たちと戯れにボールを打つようになる。

その姿が、周囲の人やクラブ関係者たちの目に、とても楽しそうに映ったのだろう。

「よければ、子どものクラスに入ったら?」

そんな声に誘われて、彼女はラケットを手に取った。この選択が彼女の人生に、そして日本のテニス史に甚大な影響を及ぼすことなど、誰も想像できない日のことである。

最低3位、最高でも2位――。

そんな伊達公子の“キャリアの座標”は、彼女がテニスを始めた京都という土地に由来する。

「私も含めた“京都の4人組”が居て、8歳以下から中学3年まで、テニスクラブこそ2つに分かれていたけど試合会場ではいつも一緒だったんです。ずっと、ずーっと」

地縁という環境は、子どもの世界を規定する。全体としては上位に属するが、自分の上には常に追うべき二人がいる……あくまで結果論ではあるが、彼女が置かれたその立ち位置は、モチベーションを駆り立てるには最適だったのかもしれない。

もう一つ、環境に導かれた転換期が、小学6年生時に訪れる。それは引っ越しという、親の都合によってもたらされた。

「滋賀県に家が移ったので、四ノ宮テニスクラブに通うようになったんです。良いクラブだと聞いたからではなく、家から通える近いクラブが、たまたまそこだったから」

かくして「たまたま」通いはじめたテニスクラブには、オーストラリアテニスに感銘を受けた竹内穣治という名伯楽が居て、伊達の一歳年長には、竹内が育てた“天才少女”の木戸脇真也が居た。なお穣治氏の息子で当時既にプロとして活動していたのが、竹内映二。後に伊達公子のコーチをつとめ、現在も日比野菜緒に帯同する日本屈指のツアーコーチである。

そのような名門テニスクラブにおける伊達の位置づけは、本人曰く「劣等生」だった。

「四ノ宮は山を削って作ったクラブで、山の上に2面、下に一面、コートがあるんです。上に行くほど、強い選手。わたしも強化選手に入っていたんですが、なかなか上にいけない。たまに上のコートに呼ばれるけれど、またすぐ下に落とされる。木戸脇さんのような強い子は、常に上。わたしは基本、下のコートでした」

山の斜面に施工されたコートの高度が、選手のヒエラルキーをも可視化する、ある意味での実力主義。指導方針は「選手の自主性に任せる」というテニスクラブにおいて、下のコートは放任状態だったという。

ただ、当時を回想する伊達の言葉が結ぶ像は、細い手足をしならせて野山を駆け、自由を謳歌する、明るく活発な「自然児」だ。

「ときどき田んぼに遊びに行ったり、スーパーに行って家では食べられないお菓子を買ったり。下のコートで総当たり戦などをやっている時は、コーチもあまり見てなかったと思います」

とはいえ「放任」状態においても、一本芯の通った指導指針はある。

「とにかく練習は、ネットプレーが中心。木戸脇さんや(竹内)映二さんがいたこともあり、譲治先生の視線は常に世界を向いていたと思います。『ネットプレーをやらなくてはダメだ、世界に行くにはそれが必要だ』という方針でした」

もっともそのネットプレーにしても、当時の彼女に「強くなるにはこれが必要だ、との思いは、一切なかった」という。無自覚に磨いた武器の効力に彼女自身が気付くのは、さらに数年後のことである。

生まれ育った環境や年齢が近いがために、ともに歩んだ友人やライバルも、やがては人生の「分かれ道」へと至るのは世の摂理だろう。

「京都の4人組」にも、そんな時が訪れた。

それが、高校進学。

京都で常に上位を占めた少女たちの下には、兵庫県神戸のスポーツ名門校、夙川高校から推薦入学の声が掛かった。もちろん、伊達もその一人。だが彼女は、その道を選ばなかった。

「わたしは寮生活に憧れていたので、寮がある高校が良かった。それに京都のみんなが夙川に行くので、またずっと一緒にやるのも嫌だったし……」

劣等生だったので――と彼女は、笑って加える。

家を出て、京都を出て、いつもの顔ぶれから抜け出して……そうして新たな環境を求めた彼女は、兵庫県尼崎市の園田学園への進学を望んだ。

とはいえ、同校から推薦をもらえたわけではない。そこで竹内譲治の助力を求めるが、伊達の即プロ転向を望んでいた竹内には、「そんなところに行くか!」とけんもほろろに断られた。

「困ったな」と途方に暮れた彼女に、手を差し伸べてくれたのは、最初に通っていたテニスクラブのオーナーである。そこで連れたって園田学園に足を運ぶが、高校テニス部の監督である光國彰氏は、伊達のことを知らなかった様子。ただ、伊達を知っていた大学の監督が「オッケーと言ってくれた」ために、なんとか推薦入学へとこぎつけた。

「そこも大きな転機でしたね。流されて夙川に行っていたら、今の自分は無かったですね、たぶん」

彼女がポツリと、そう言った。

果たして進学先の選択が、彼女の人生を決定したかは分からない。

ただ、高校1年生時にインターハイの県予選で敗れた彼女が、そのわずか1年と数か月後には、全日本選手権ベスト4に駆けあがるまでに急成長したのは確かだ。

大きな契機となったのは、高校2年生に上がる直前。病を患った光國氏の“代役”として、名伯楽として知られる小浦猛志に監督がお願いをしたのだ。その縁で伊達は、小浦氏がコーチを勤めるクラブに通い、指導を受けるようになる。飛び込んだ新たな環境で、彼女は高次のレベルでテニスの楽しさを知った。

「同じことを繰り返すのが得意ではなかったわたしが、すべてを吸収したい一心で、フォアのクロスコートラリーを100回やれと言われたら、3時間でも4時間でもやっていました。

小浦さんのところは刺激的で、現実的な練習ができるようにもなり、力がついてきて……という好循環が始まった感じでしたね」

そうして回り始めた運命の歯車に、カチリとはまり加速を促したのが、かつて四ノ宮テニスクラブで磨いたネットプレーである。

高校2年生時の全日本選手権で、その武器を活用し並み居るプロに次々と勝った時、彼女は「もう高校生には負けないかな」と直感した。

その予感を確信へと変えるように、高校3年生時にはインターハイ単・複・団体の3冠を成す。さらに同年、彼女は全日本ジュニア選手権の18歳以下でも頂点へ。ちなみにこの時の決勝の相手は、後の世界14位の沢松奈生子。

その二人の決勝戦を、16歳以下の準決勝で敗れるも「どうしても伊達さんの決勝戦が見たい」と延泊し観戦していたのが、後に世界28位に至る長塚京子である。

30メートル四方ほどの狭い空間に、後の世界トップ30が3人も集う――そんなアツい交錯が、あの夏、あの日、神戸市のテニスコートに確かにあった。

少女時代、なかなか勝てなかった「京都の4人組」の他の面々は、高校生活の終わりとともに、テニスに打ち込んだ日々にも別れを告げる。

「最初から3位、最低3位、最高2位」だった伊達公子は、高校卒業の翌年に全豪オープン4回戦へと駆け上がり、25歳で世界の4位に登りつめた。

取材・文●内田暁

★伊達公子/プロフィール

京都府出身。園田学園高時代は全日本選手権に予選から出場してベスト4進出。高校卒業後の1989年にプロ転向。ライジングを武器に日本女子テニス界の歴史を次々と塗り替えてきた元世界4位のレジェンド。1996年に惜しまれながら引退し、2008年に現役復帰。シングルスの獲得タイトル数は8個。09年には38歳でツアー優勝を飾り、2017年まで現役を続けた。現在は試合中継の解説やジュニア選手育成活動にも携わっている。

【PHOTO】世界4位にまで上り詰めた伊達公子のキャリアを写真で振り返り!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加