早大生・慶大生が選ぶ、就職注目企業ランキング2021!2位野村総合研究所、1位は?

早大生・慶大生が選ぶ、就職注目企業ランキング2021!2位野村総合研究所、1位は?

  • ダイヤモンド・オンライン
  • 更新日:2021/04/08
No image

これまで「ダイヤモンド就活ラボ」では、さまざまな大手企業の「採用大学」ランキングを紹介してきました。例えば、アクセンチュアと野村総合研究所といったコンサルティングファーム5大総合商社で、そのいずれでもトップ2となったのが、早稲田大学と慶応義塾大学です。

では、その私学の雄である2校の学生が企業研究において注目しているのは、どんな企業なのでしょうか。

就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社は、すでに13万人以上の登録がある22年卒の学生ユーザーがOpenWorkでどんな企業に注目し、企業研究を行っているのかを調査。これまでも発表されてきた人気企業ランキングではわからない、学生が社員クチコミを「実際に調べている」企業を明らかにしました。

今回はその中から、早稲田大学と慶応義塾大学の学生が注目している企業のランキングを紹介します。

※OpenWorkを利用する2022年卒の学生ユーザー13万92人(2020年3月7日時点)に限定し、検索された数の多い企業を集計。今回はその中から、早稲田大学の学生5272人と慶応義塾大学の学生4453人に検索された数の多い企業をランキングにしている。

1位アクセンチュア、2位野村総合研究所 早慶生が選ぶ就職注目企業ランキング

「早大生・慶大生が選ぶ、就職注目企業ランキング2021」1位に選ばれたのは、アクセンチュアです。2位は野村総合研究所、3位はエヌ・ティ・ティ・データとなりました。

そして4位にはソニー、5位には三菱商事がランクインしています。

No image

拡大画像表示

早慶生の就職注目企業で働く 新卒入社社員のクチコミを紹介!

今回の早慶生の就職注目企業ランキングでは、上位にコンサルティングファームに加え、6位以下には東京海上日動火災保険やメガバンクなど金融系がランクインしています。

では実際に、早慶生が注目する企業にはどのような働きがいがあるのでしょうか。上位企業の中から、今回は6位の東京海上日動火災保険と7位の三井住友銀行に新卒入社した社員のクチコミを見ていきましょう。

6位 東京海上日動火災保険の社員クチコミ

「エリアコースであっても、希望し叶えばグローバルに働くことができる。大企業客先を任せてもらい、保険契約締結まで裁量を持って遂行できたり、海外出張や海外客先とメールや電話でのやりとりもあり世界とつながることができる。人を育てる文化を非常に重要視しており、“苦手”や“未経験”であっても、十分に相談やアドバイスをもらう機会もあり、背中を押してチャレンジさせてくれる。年3回上司と、自身の年間目標やキャリアについて面談をする機会もあり、強みや弱みをもとにアドバイスをもらうことができる」(総合職エリアコース、女性)

7位 三井住友銀行の社員クチコミ

「ただお金を貸すだけが銀行の仕事ではなくなっている。経営者と共に当社の経営戦略をディスカッションしていき、経営課題を洗い出し、ソリューションを提供すること。この動きを本部・G会社を巻き込んで完結できた時にはやりがいを感じる。また、若いうちから経営者とコミュニケーションを取れるのは非常に良い経験になると感じる。転職者も増えてきているが、全員が名の知れた会社へと転職をし、活躍していると耳にする。社会人として基礎作りがしっかりと身につく会社であると感じる」(営業、男性)

今回社員クチコミを紹介した2社では、若手社員のうちからグローバルで活躍したり、経営トップとも直接コミュニケーションを取れるという大企業ならではのやりがいがあることがわかります。

若いうちから成長したいという意欲のある学生にとっては、企業選びの際に、こうした社員クチコミも大きな参考になることでしょう。

(本記事はOpenWork[オープンワーク]からの提供データを基に制作しています)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加