NHK朝ドラ「ちむどんどん」黒島結菜、オーナーとの料理対決は「今思い出しても泣けてきちゃう」

NHK朝ドラ「ちむどんどん」黒島結菜、オーナーとの料理対決は「今思い出しても泣けてきちゃう」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

黒島結菜

故郷の沖縄料理に夢をかけるヒロインとその兄妹らの家族愛を描くNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・0)の公式サイトで23日、動画「黒島ラヂオ week24」が公開された。

※以下、ネタバレあり。

動画は黒島がスタッフと「ゆんたく」(おしゃべり)するもの。第120回では、やんばるに戻る暢子(黒島結菜)の送別会に房子(原田美枝子)が出席せず、暢子が送別会を抜け出して房子に会いにいくシーンがあった。黒島はこの場面を「今思い出しても泣けてきちゃう」と振り返り、「涙が止まらなくなってしまうから、(涙を止めるために)数字とか数えちゃって。初めての経験でした。でもそれはこれまで原田美枝子さんと一緒に積み重ねてきたものだったりとか、それこそ暢子とオーナーの関係性が、私と美枝子さんで作れた最後のシーンだった」と語った。

他にも動画内では、雨に苦戦した沖縄ロケや、〝芋たたずみ〟の場面での暢子の心情、「うちなーんちゅ」ならではのカチャーシーについてなど裏話が満載となっている。

朝ドラ通算106作目となる今作は、本土復帰から50年の節目を迎える沖縄が舞台のオリジナル作品で、「ちむどんどん」は「心がわくわく、ドキドキする」という意味の方言。女優の黒島結菜がヒロイン・暢子を演じ、脚本は「マッサン」の羽原大介氏、語りはタレントのジョン・カビラが務める。主題歌は沖縄県出身の歌手、三浦大知が今作のために書き下ろしたオリジナル曲「燦燦(さんさん)」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加