吉田朱里の“アイドル道”が詰まった NMB48 7期研究生公演スタート

吉田朱里の“アイドル道”が詰まった NMB48 7期研究生公演スタート

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2020/11/22

11月21日(土)、大阪・なんばのNMB48劇場にて、吉田朱里プロデュースによる『7期研究生公演』が行われた。

開演前、吉田が影アナで登場し、公演名を「Will be idol」としたことを発表。「アイドルとして成長してほしい。私が残したいもの、伝えたいものがたっぷり詰まっています」と、思いを語った。 いよいよ公演スタート。出演したのは11名の7期生中、7人で、『LOVE修行』で幕開け。続けて『Seventeen』『恋なんかNo thank you!』を披露。MCでは、眞鍋杏樹が緊張した面持ちで進行し、最年少の瓶野神音から自己紹介を行った。 さらに「みなさんにもっと私達のことを知ってもらうために自己PRをしたい」と早川夢菜。この『7期生公演「Will be idol」』でセンターに抜擢された黒田楓和は身長170cmとNMB48で一番の高身長。「手足の長さを生かして、記憶に残るパフォーマンスをしたい」とアピールした。 NMB48加入前からグループの大ファンだったという平山真衣は、「いつも客席から見ていた私がステージに立っているなんて変な感じです」と目の前に広がる光景が新鮮な様子。同じくファンだったという佐月愛果も「私も9年半、ファンをしてきました。まさか加入して、ステージ立つとは思わなかった。劇場公演はいつも落選していたので、皆さんのように当選することが夢でした」と話した。早川は「今まで笑顔を褒めていただくことが多かったのですが、今日はアカリンさんが私たちのいろんな表情を見せられるセットリストを組んでくれました。今日はいろいろな表情を見せたいです」と意気込んだ。

No image

そして、オープニング3曲の衣装についても言及。白と黒の2トーンで構成された衣装はすべて吉田の私物で、メンバー それぞれに合ったコーディネートを選んでもらったものだと明かすと、会場からは驚きの声が上がった。 瓶野、和田によるフレッシュな『となりのバナナ』、平山、真鍋、早川、佐月による大人っぽいダンスが印象的な『エンドロール』のユニットに続いて、 センターの黒田が『夢でKiss me!』はソロで披露、堂々したパフォーマンスで魅了した。 MCでは、『7期生公演「Will be idol」』でこだわったポイントや練習のエピソードを発表。瓶野は、「『となりのバナナ』と『エンドール』は真逆なの で、『となりのバナナ』ではかわいくやろうと頑張りました」とコメント。眞鍋は「『エンドロール』のダンスのステップを4人で合わせるのが難しかったです。 フリーの部分では、新体操をしました」と小学2年生から中学3年生までやっていた特技を生かしたと笑顔を浮かべ、和田海佑は「レッスンの 時、ちょっと大人っぽくやってと言われたのですが、できていましたか? 神音と私は10歳差なんです」とコメントし、ふたりの年齢差についても盛り上がった。

『Choose me』『制服が邪魔をする』では大人っぽく、『最後のカタルシス』では力強さも表現。最後の曲は『絶滅黒髪少女』で、「NMB48に とって大切な楽曲です。これまでのNMB48の歴史を作ってくださった先輩方の思いや考えを私達が一丸となって引き継いでいきたいです」と黒田が代表して決意を語り、渾身のパフォーマンスで魅了した。

アンコールは『らしくない』『僕が負けた夏』『待ってました新学期』『高嶺の林檎』をメドレーで。そして、「7期生は入ってまだ2カ月ですが、10周年コンサートの時も先輩方にたくさん迷惑をかけてしまって、たくさん怒られて、泣いたりしましたが、こうして本日、初日を迎えられたのも皆さんのおかげであり、アカリンさんのおかげであり、スタッフさんや先輩方のおかげでもあります。正直、まだまだですが、いつか11人の7期生全員でNMB48を背負えるように頑張っていきたいと思いますので、応援をよろしくお願いします」と、息を弾ませながら平山が代表してあいさつし、「公演名の 『Will be idol』でもあるように、私たちなりのアイドルになれるよう精一杯、頑張っていきますので、最後の曲では私たちの夢をそれぞれ描いて歌いたいと思います」と『夢に色がない理由』を披露した。

曲中、「私たちはこの公演をとおして、日々成長していき、これから絶対、NMB48の センターを取れるように頑張ります!」と黒田が決意を表明、無事に初日を終えた。 ステージが終わるとメンバーは緊張感から解き放たれたように、ほっとした表情を浮かべながら会場に向かって、満面の笑顔で手を振り、ステージ を後にした。

終演後にはメンバーによるお見送り会もあり、観客への感謝を表していた。 なお、11月26日(木)からは個人アカウントで7期生のSHOWROOMもスタート。これからますます活躍の場を広げていく彼女たちに期待してほしい。

<吉田朱里一問一答>

―まずはご感想を聞かせてください。

ほっとしています。プロデュースとなると自分の名前が一番に出るので、ステージは7期生のみんながやることかもしれないですけど、やっぱり不安でしたね。昨日は眠れなくて、すごくソワソワしました。一番不安だったのはセットリストで、私はいいと思っているけど、ファンの人はどう思うかなとか。 でも、メンバーに聞いても、めっちゃいい、出たいと言ってくれたのでうれしかったです。あとは、衣裳がでどう見えるかなとか、考えていました。

―最初3曲の衣装が吉田さんの私服と発表された時は、会場からも驚きの声が上がっていましたね。

多分、私のファンの方だったら見た事ある服ばっかりだと思うんです。というのも、私が握手会とかで着ていた服ばっかりだったので(笑)。色がモノクロになったのは、単純に私服が白黒が多くて。差し色にピンクとか入れたのですが、それも私のイメージかなと思って、そうしました。

―セットリストのポイントは?

公演で大事なのは、表現力なので、表現力を磨いてほしいという気持ちと、ダンスもやっぱり大事だなと思いますし、7期生は結構歌えるメンバーが多いので、人数も少ないですし、一人ずつの歌割があるような曲を選びました。

―レッスンではどんなことを伝えましたか?

毎日のレッスンは先生に任せていましたが、ここ数日は衣裳の事もあったし、家にあるものをかき集めたりしていまいた。昨日は1日、自分の仕事が詰まっていたので、その合間に7期のレッスンを見て、自分が言えることは伝えようと。私は、ダンススキルとか歌のスキルに自信がなくて、そこは先生たちが教えてくれることなので、アイドル力を伝えようと思って。私が10年間で身に着けた事とか、感じた事は大事だなと思って。自分は悔し かったり、辛かったけど、振り返れば大事だなと思ったことを全部詰め込みました。それはポジション争いだとか。結構わかりやすく3トップだったと思 うのですが、みんなに甘えてセンターをさせない。センターを取りあってほしいなと思いました。

―7期生の意識が変わった、成長を感じられた部分はどこでしたか?

公演が始まる前に公演メンバーのオーディションをしますと言って。それまで10周年のコンサートでもリハを見ていて、全然できないなと思っていたのですが、そのオーディションをするとなった時、みんなセンターへの思いが強いので覚醒していましたね。

―最後に、後輩のみんなに一番伝えたいことを教えてください。

劇場って本当に原点だと思うんです。私もここ数年は外でいろんなお仕事をさせてもらいながら、やっぱり劇場に帰ってくるとその時の自分がわかるというか。今、自分はダメやなってわかるのも劇場だし、今日の自分はいいなと思うのも劇場。トークでこういうところがダメだなって反省するのもそうですし、ホームである劇場をすごく大事にしてほしいです。 私はここ半年、コロナ禍で全く劇場公演ができなかったので、それもすごく寂しかったので。7期生公演は出演者7人とコロナ仕様になっているのですが、多分、劇場公演の回数は7期生がいっぱいやってくれると思うので、毎回成長する場になってほしいです。

最後に『夢に色がない理由』を選んだのも、私は叶えたい夢を口に出して、ファンの皆さんに伝えるようになってから夢が叶ったんです。それは「人前で言った」というプレッシャーをかけることで、叶えようと何かしら行動を起こすから。だから、絶対に夢を口に出す場を設けています。 今日の『夢に色がない理由』の間奏では黒田楓和ちゃんが言いましたが、毎回、メンバーを変えていくようにしています。みんながその日感じた事でも、その時の夢でも、何か口に出すと、言ったということが残るので。それを感じ取ってほしくて、この公演の最後はあの曲にしました。 みんながアイドルを通して、次の夢を見つけてほしいし、全力のアイドルをここで貫いてほしいと思います。

ⒸNMB48

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加