福田こうへい 地元・盛岡市の中学校で講演「1人でも多く民謡を継承してもらえたら」

福田こうへい 地元・盛岡市の中学校で講演「1人でも多く民謡を継承してもらえたら」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/13
No image

生徒の前で歌声を披露した福田こうへい=盛岡市立大宮中学校

演歌歌手の福田こうへい(44)が13日、令和3年の仕事始めとして、地元・盛岡市の盛岡市立大宮中学校の生徒530人の前で講演を行った。

コロナ禍で、多くの行事が中止や延期になる中、「未来を担う子供たちのために何か心に残るものを」という同中学校からのオファーに応える形で、実現したもの。

邦楽を通じての「郷土・文化・人生」と題された講演で、福田は「今日の歌唱で、若いみなさんの中に一人でも多く民謡を継承してもらえたら幸せです」と語り、実演では、「南部牛追い歌」「外山節」「南部蝉しぐれ」など民謡3曲、演歌3曲の全6曲を披露し、生徒から大きな拍手が沸き起こった。

福田の歌唱を初めて生で聴いたという生徒は「鳥肌がたった」と感嘆した様子だった。

講演を終え、「予想以上にみんなが真剣に聴いてくれて、講演を引き受けてよかった。今日をきっかけに、民謡に限らず、勉強、スポーツに、それぞれが取り組んでいってもらえたら嬉しいですね。令和3年は有意義なスタートを切ることができました」と、初仕事に満足げだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加