コンピテンシー、ワラント、ハロー効果、覚えておくと便利なビジネスキーワード

コンピテンシー、ワラント、ハロー効果、覚えておくと便利なビジネスキーワード

  • @DIME
  • 更新日:2021/05/04
No image

@DIME記事の中からビジネス用語に関する記事5本を厳選して紹介。

職場でよく耳にするようになった言葉「コンピテンシー」とはどんな意味?

No image

近年、人材採用や社員教育において注目される「コンピテンシー」という言葉。「会社が求める成果を達成するために必要な特性」を表すもので、時代の流れに伴い、学歴やスキル以上に重要視されつつある。 そこで本記事では、コンピテンシーという言葉の意味や、注目されるようになったきっかけなどについて解説する。今まで意味をきちんと知らずに使っていた人は、これを機に意味を理解してほしい。

【参考】https://dime.jp/genre/1082927/

投資に興味がある人なら覚えておきたい言葉「ワラント」とはどんな意味?

No image

投資の世界で使われる、「ワラント」という言葉を見聞きしたことはあるだろうか。日本語では「新株引受権」と訳されるが、それだけを聞いてもなかなか意味を理解しづらい。 そこで本記事では、ワラントとは何を意味するのか、基本的な部分をわかりやすく解説する。特に、投資に興味がある方は、ぜひ覚えておきたい言葉の一つ。

【参考】https://dime.jp/genre/1087938/

心理用語として使われる「ハロー効果」とはどんな意味?

No image

好感度の高い芸能人を起用したCMを見て、つい商品を手にとった経験はないだろうか?もしかしたら、それは心理学における「ハロー効果」によるものかもしれない。 本記事では、心理学の世界で有名なハロー効果について簡単にわかりやすく解説する。正しく理解し使いこなせれば、ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもきっと役に立つはずだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1086747/

マーケティングに欠かせないキーワード「セグメンテーション」とはどんな意味?

マーケティングの分野に関わっていると、「セグメンテーション」という用語が度々登場します。なんとなく意味を知っていても、詳しいことまでは知らない人が多いのではないでしょうか。セグメンテーションの基礎知識や分類例を紹介します。

【参考】https://dime.jp/genre/1063249/

もともとマニアックな業界用語だった!?選挙でよく使われる「マニフェスト」とはどんな意味?

No image

「マニフェスト」と聞くと"選挙"のイメージが先行しがちだが、同じ「マニフェスト」でも意味の異なる2つの単語(manifestとmanifesto)が存在することをご存知だろうか。実は、政治分野で用いられるのは「manifesto」の方で、もう一つのmanifestから派生した言葉だ。 本記事では、マニフェストの言葉の由来をわかりやすく解説する。類義語や異なる意味での使われ方も併せてチェックしてほしい。

【参考】https://dime.jp/genre/1088742/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加