蔓延防止地域にワクチン優先供給を 自民大阪府連、河野担当相に要望

蔓延防止地域にワクチン優先供給を 自民大阪府連、河野担当相に要望

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/04/08

自民党大阪府連(原田憲治会長)は8日、河野太郎ワクチン担当相と国会内で面会し、新型コロナウイルス特別措置法に基づく「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の適用地域に対し、ワクチンの優先供給を求める緊急要望書を手渡した。河野氏は「大阪府民の声として受け止めた」としたが、ワクチン接種の平等性から難しいと応じた。

要望書では、大阪府の新規感染者の急増や「医療非常事態宣言」の発令を踏まえ「この状況が続けば、医療崩壊につながる恐れのある極めて厳しい状況」と指摘。ワクチンの優先供給に加え、高齢者施設の入所者へのPCR検査の義務化や飲食店への協力金支給など7項目を国に求めた。

原田氏は要望後、記者団に大阪府民の命と暮らしを守るために、吉村洋文大阪府知事や松井一郎大阪市長とも連携していく意向を示した。

No image

河野太郎氏(中央)に要望書を渡す自民党大阪府連議員=8日、国会内

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加