あのテスラが15億ドルものビットコインを購入した!(ひろぴー)

あのテスラが15億ドルものビットコインを購入した!(ひろぴー)

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/02/21

2021年2月8日、410万円付近で推移していたビットコインが突然急騰。翌日には、500万円を付けるほどの上昇劇を演じました。

No image

この背景には、イーロン・マスク氏率いる米電気自動車メーカーである「テスラ」が15億ドル(約1575億円)ものビットコインを購入したことがあります。いったい、なぜテスラはビットコインを購入したのでしょうか。また、これからビットコインはどうなるのでしょうか――。

仮想通貨市場をウォッチする投資家だけでなく、全世界を驚かせたビットコインの話題を解説します。

テスラのビットコインの大量購入は予想されていた!?

米テスラは1月に15億ドル、およそ1575億円規模のビットコイン(BTC)を購入しました。突然の大量購入に思えますが、じつはこの流れは予想されていました。

話は2020年12月20日にさかのぼります。

これに対して、テスラのCEOイーロン・マスク氏は「ビットコインはそのような大口取引が可能なのか」と質問。マイケル・セイラ―氏は、オフラインで教えると返答しました。

さらには、世界的大手取引所であるバイナンスのCEOであるCZこと、チャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao)氏もコメント。ビットコインを購入する際には、少額ずつ行うように進言したのです。

この話があったため、仮想通貨業界では「近いうちにテスラがビットコインを購入するのではないか」という期待が高まっていました。

プロフィールを変えただけで60万円も上昇

年が明けるとビットコインは1週間で100万円以上も上昇し、一時1BTC=400万円を超えるほどに急騰しました。その後は、300万円を割り込むまで下落したものの、バブル感のない堅調な相場展開が続いていました。

ところが1月29日夕方、ビットコインはわずか2分程度で10万円急騰。突然の出来事に、ニュースを探ってみても目立った材料はありませんでした。そうなれば、テスラの話題が頭をよぎります。イーロン・マスク氏のツイッターを確認すると、プロフィール欄に「#bitcoin」と記載されていました=下のツイッター画面を参照。

これが投資家には、「テスラかイーロン・マスク氏がビットコインを購入した」と想像を掻き立てたのです。

イーロン・マスク氏といえば、カリスマ経営者として人気が高く、今やアマゾンのジェフ・ベゾス氏を抜いて資産19兆円の世界一の大富豪です。ツイッターのフォロワー数は4000万人越えと、その影響力は計り知れないものがあります。

そんなこともあり、6時間程度でビットコインは60万円も上昇。あっという間に400万円を回復したのです。おそらく、この時にビットコインを購入したのでしょう。

購入価格は1BTC=337万円程度ですから、ビットコインが500万円まで上昇したときには、760億円もの含み益が出ている計算となります。テスラの2020年の純利益は725億円程度ですから、ビットコインへの投資によって、わずか2週間で並んだことになります。

なお、今回ビットコインの購入にはテスラの現預金の8%程度だったようです。

さて、マイクロストラテジーやテスラのようにビットコインの購入を行う企業は今後も現れるのでしょうか。

参考となるデータとしては、2月初めに開催されたマイクロストラテジーによるビットコインのカンファレンスにエントリーした企業の数があります。その数なんと、1400社! それだけ多くの企業が、ビットコインの購入に興味があるということになります。

筆者はビットコインの購入を煽るつもりは一切ありませんが、これまでにない買い手が現れていることで、バブルではない新しい風が吹いていると感じています。(ひろぴー)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加