オリックス杉本裕太郎殊勲2打点 山本由伸完全投球の間は「すごい緊張感」

オリックス杉本裕太郎殊勲2打点 山本由伸完全投球の間は「すごい緊張感」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

オリックス対広島 7回裏オリックス1死満塁、中前に先制2点適時打を放つ杉本(撮影・上田博志)

<日本生命セ・パ交流戦:オリックス4-0広島>11日◇京セラドーム大阪

オリックス杉本裕太郎外野手が、2打点で山本の力投に報いた。

0-0の7回1死満塁で均衡を破る2点適時打。山本が拍手喝采する殊勲打だった。山本が完全投球を続けていた間は、右翼守備でドキドキ。「ちょっと待ったりして、ヒットになるし。外野では(中堅の福田)周平と話して『ギャンブル気味に行こう、カバーに来てな』と話していたんですけど、すごい緊張感がありました」と汗をぬぐった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加