”あったらいいなを実現” きっかけは新型コロナ...ネコホテル 鳥取県米子市

”あったらいいなを実現” きっかけは新型コロナ...ネコホテル 鳥取県米子市

  • BSSニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

米子市に誕生したこちら、ネコ好きに嬉しい施設なんです。
自身もネコ好きというオーナーは、元看護師。
自宅を改造してまで、施設を作ったのには新型コロナの影響もあるようです。

【写真を見る】”あったらいいなを実現” きっかけは新型コロナ…ネコホテル 鳥取県米子市

記者 土江諒
「私がいるのは個別学習塾、ではなく、実はネコ専用のペットホテルなんです。」

7月、米子市にオープンした山陰では珍しいネコ専用のペットホテル「カギしっぽ」。
一見、普通の民家ですが…。
中に入ってみると、2階のひと部屋が広々としたネコ専用の客室になっています。

カギしっぽ 勝部直美江 店長
「ネコは大好きです。ネコはねぇ、言うこと聞きません。」

自らも3匹のネコを飼い無類のネコ好きというオーナーの勝部直美江さん。
去年まで、27年間、市内の病院で看護師として働いてましたが、あるきっかけで自宅を改装し、ペットホテルの開業を決心しました。

カギしっぽ 勝部直美江 店長
「旅行に行きたいなとか思うけど、1泊だったら留守番できるけど長い旅行は難しい。強いきっかけになったのが、3年前から流行ったコロナ。もし自分が感染したらどうしようかなと。」

旅行に行くときはもちろん、新型コロナに感染し、入院や宿泊療養が必要で家を空ける必要がある飼い主のニーズにも対応しています。

そもそもネコは、環境の変化にストレスを感じやすい生き物。
飼い主が数日間家を開けたり、他の場所に移動することが苦手。
そのため、「カギしっぽ」にはペットホテル以外にもある機能が…。

カギしっぽ 勝部直美江 店長
「ご自宅に行ってお世話をさせてもらう、ペットシッターをしている。」

ベビーシッター、ならぬペットシッター。依頼者の自宅に勝部さんが出向き、ネコの面倒を見ます。車でお店から片道1時間以内で行ける場所で、鳥取県中部、島根県東部も対象エリアです。

カギしっぽ 勝部直美江 店長
「いつも通りのいつものお家で、安心した感じで飼い主さんの帰りを待てたらと思っている。」

ネコ好きオーナーの「あったらいいな」を実現したカギしっぽ。
ペットホテルは長期利用もできるとのこと。預け先に困ったら…ぜひ一度相談してはいかがでしょうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加