今年も甘い!『もろこし街道』 98歳“看板娘”の焼きとうもろこし人気 ホテルでは収穫体験も

今年も甘い!『もろこし街道』 98歳“看板娘”の焼きとうもろこし人気 ホテルでは収穫体験も

  • NBS長野放送
  • 更新日:2022/08/05
No image

長野放送

旬を迎えたトウモロコシ。産地の長野県信濃町の通称「もろこし街道」は今年もにぎわっています。

産地・信濃町で旬を迎えたトウモロコシ。

アナウンサー:

「通称『もろこし街道』にやって来ました。きょうもトウモロコシを求めて大勢の方々が訪れています。今年もこの季節がやってきました、夏を感じますね」

街道にある直売所の一つ石川農園も採れたてを求めて多くの人が訪れていました。

静岡から:

「モリモリ食べます。帰って、きょうの夜には食べないと」

今年は雪が多く、収穫は例年より遅かったものの、夏場は気温が上がり、今は例年並みの収穫量に戻りました。

アナウンサー:

「今年は客多い?」

石川博枝さん(98):

「多い。去年の倍は来る」

石川博枝さんは、98歳の「看板娘」です。トウモロコシを焼いて50年以上。熟練の腕で焼き上げた味は…。

アナウンサー:

「タレの部分が香ばしくて、トウモロコシ本来の甘さが引き立っています。ものすごく甘いです」

アナウンサー:

「トウモロコシ、どんな風に楽しんでほしいですか?」

石川博枝さん(98):

「みんな喜んで、ガブガブ食べて、あれが楽しい。生きがい」

こちらの直売所ではお盆ごろが収穫のピークで、9月末まで平日も営業するということです。

「収穫体験」ができる施設もあります。「タングラム斑尾東急リゾート」のスキー場です。2021年から「タングラムもろこし村」と銘打ってスタート。家族連れを中心に好評です。今年は畑の面積を倍以上に増やしました。

収穫体験した人:

「夏、感じましたね」

体験すると1本「焼きとうもろこし」がつきますが、体験をしなくても食べることができます。皆さんも、甘ーいトウモロコシを食べに行ってみてはいかかでしょうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加