やはりオルンガか...からの湘南劇場! FW石原の逆転V弾で連敗脱出!! 涙を流す選手も

やはりオルンガか...からの湘南劇場! FW石原の逆転V弾で連敗脱出!! 涙を流す選手も

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/10/18
No image

[10.18 J1第23節 湘南3-2柏 BMWス]

J1第23節が18日に各地で開催された。18位湘南ベルマーレはホームで8位柏レイソルと対戦。激しいシーソーゲームを3-2で制し、連敗を6で止めた。7戦ぶりの白星をつかみ、17位清水とのポイント差を1に縮めている。

先制したのは6連敗中の湘南だった。前半4分、右サイドの深い位置でFW石原直樹が後ろに下げ、受け手となったMF茨田陽生がワンタッチでPA内右へ走るMF岡本拓也にパス。岡本は角度のない位置だったが、右足でのシュートを選択し、見事に右ポストとGKキム・スンギュの間を射抜いた。

しかし、柏にはこの男がいる。前半22分、左CKからキッカーのFWクリスティアーノが右足でクロス。GK谷晃生の前に入ったFWオルンガが高い打点で合わせ、下に叩きつけたヘディングシュートをゴール右に決める。得点ランキング首位を独走するオルンガは今季22試合で22ゴール目とした。

後半9分にはオルンガが敵陣の左サイドでDF舘幸希からボールを奪取。FW江坂任がオルンガからパスをもらい、右横につなぐと、長い距離を走ったMF神谷優太が左足で流し込む。元湘南MFの恩返し弾で柏が2-1と逆転に成功した。

だが、試合はこれで終わらない。後半33分、右サイドから岡本が高い弾道のクロスを送り、FWタリクがヘッドで落とす。途中出場のMF松田天馬が左足のボレーでゴール右に決め、2-2とする同点弾を奪った。

続けて後半36分、ピッチ中央の松田が粘り強いキープから右サイドに展開する。ノーマークで受けた岡本が右足でクロスを供給すると、PA内中央にフリーで飛び込んだのは石原。気迫のダイビングヘッドでゴールを挙げ、湘南が3-2と再び試合を引っくり返した。

湘南の1試合3得点は今季初。そのまま相手の反撃をしのぎ、3-2でタイムアップを迎えた。激闘の末、ついにトンネルを脱出した湘南。試合後、キャプテンの岡本の目には涙も浮かんでいた。一方の柏は4試合ぶりの黒星。前節・浦和戦(△1-1)のドローに続き、2試合勝ちなし(1分1敗)となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2020シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

●[J1]第23節2日目 スコア速報

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加