丸山ゴンザレス「考古学と裏社会は近い」麻美ゆまのあなたに会いたい!〔後編〕

丸山ゴンザレス「考古学と裏社会は近い」麻美ゆまのあなたに会いたい!〔後編〕

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/01/12
No image

丸山ゴンザレス

前回に続いて、ジャーナリスト・丸山ゴンザレスさんとの対談です。世界中の裏社会や危険地帯を潜入取材する丸山さんですが、実は学生時代に「考古学」を学び、修士号まで持つ学者さん。初の考古学エッセイ『MASTERゴンザレスのクレージー考古学』も出版されました。そこで、丸山さんが大学院で研究されていた横穴墓の遺跡、埼玉県吉見町にある“吉見百穴”を案内してもらいながら、ゴンザレス流考古学の楽しみ方を教えていただきました。

関連:松永武「ゆまさんの“お風呂診断”は…」麻美ゆまのあなたに会いたい!〔前編〕

ゆま「考古学と裏社会が近いって!?」

丸山「まあ、持論というか、個人的に思っている感覚ではあるんですけどね。ピンと来たきかっけは、学生時代に行った遺跡調査で見つけた“盗掘”の跡です」

ゆま「盗掘!? それって、遺跡などに勝手に入って発掘しちゃうっていう違法行為ですよね?」

丸山「そう。発掘現場では不自然な窪みなんかが、けっこう見つかるんですよ。現場の、そんなアンダーグラウンドな匂いに非常に興味をそそられたんです」

ゆま「今の丸山さんの仕事に通じるものがあります」

丸山「確かに。盗掘なんて、学者の領域ではないですよね。太古の生活を検証するのが考古学ですから。実際、学生時代に興味がアウトローな方向に向かっていった末に一時期、盗掘を卒論のテーマにしようしたほどで……そのときは師匠や先輩方から“お前はバカか?”と、お叱りを受けました(笑)」

ゆま「そんな内容の本なんですね。今回の新刊は」

丸山「ええ。盗掘があるということは、遺物を売りさばくブローカーもいるということ。そんなブラックマーケットを突き止める旅のルポも入ってます。まあ、考古学になじみのない方でも、気軽に読める内容にしたつもりです」

ゆま「がっつり宣伝をぶっ込んできましたね(笑)。でも、難しい学術的な話より面白そう!」

丸山「ありがとうございます。さて、ゆまちゃん。こちらの吉見百穴ですが、見どころは横穴墓群だけではないんです」

ゆま「何があるんですか?」

丸山「実は、太平洋戦争のときに作られた『地下軍需工場跡』があるんです。残念ながら現在は、崩落の恐れがあって中に入れないんですが……入り口だけでも見てください」

ゆま「うわあ、すごっ! 大きい洞窟になってる!!」

丸山「閉鎖される前に入ったことがあるんですが、中は、とにかく広い。数百メートルは続いていますよ」

ゆま「ここでは何を作っていたんですか?」

丸山「飛行機の部品です。ここなら上空から偵察されても、軍需工場だと思われませんからね」

ゆま「歴史的な遺跡がある場所でもあるのに、軍需工場を作ったんですね」

丸山「古墳時代に横穴が掘られたように、この辺り一帯は凝灰質砂岩という柔らかい岩盤でできているので、掘りやすいんです。だから工場を作るのに最適だったんでしょう。また、ここは戦時中、横穴が防空壕としても使われていたんです」

ゆま「へえー。ちなみに、太平洋戦争中のものを調べるのも考古学?」

丸山「はい。文字でなく現場に残された物から歴史を解き明かすのが考古学なので、時代は関係ありません」

■百穴の隠れた名所で語られる秘話!?

丸山「……(冷や汗)。せっかくなので、もう一つ、百穴の隠れた名所も案内しましょう。こちらの売店です」

ゆま「売店!?」

丸山「まず、すごいのは、このガチャポンです」

ゆま「古銭のガチャガチャ! すごい。すべて本物だって。やってみよ! 何が出るかな……あっ! 1621年の古銭でした!」

丸山「江戸時代の寛永通宝ですね。お次は埼玉銘菓・五家宝も食べましょう」

ゆま「はい! これ、気になってたんですよね~」

丸山「水飴で棒状に固めたおこしに、きな粉をまぶしたお菓子です」

ゆま「いやあ、いいですね。遺跡を見ながら、オヤツを食べられるなんて。いただきまーす。むむ、しっとりしているけど、モチモチしていておいしい」

丸山「うん。おいしい。きな粉の量もすごい。おっと、粉がボロボロと……」

ゆま「丸山さんが粉というと、別の粉を想像しちゃいますね(笑)」

丸山「いや昔ね、ヨーロッパで売人を取材したんだけど、ちょっと持ってみろって言われて、その粉を持ったら服にこぼしたことがありましてね。焦って洗ったら、水溶性だから余計に浸み込んじゃって。これじゃ税関で引っかかって帰国できないから結局、その服は捨てて帰りました」

ゆま「アハハ。考古学の話から結局、最後はソッチ系の話になりましたね」

丸山「悪い癖だな~」

ゆま「今日は丸山さんの考古学論も裏話も聞けて、楽しかったです。ありがとうございました!」(おわり)

●まるやまごんざれす 1977年、宮城県生まれ。ジャーナリスト・編集者で國學院大學学術資料センター共同研究員でもある。『クレイジージャーニー』(TBS系)に出演し、世界中のスラム街などを渡り歩く“危険地帯ジャーナリスト”として人気を博す。最新著書『MASTERゴンザレスのクレイジー考古学』が双葉社より好評発売中。

いま一番読まれている記事を読む

麻美ゆま

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加