【大学入学共通テスト2022】国語の分析...東進・河合塾・データネット・代ゼミ速報まとめ

【大学入学共通テスト2022】国語の分析...東進・河合塾・データネット・代ゼミ速報まとめ

  • リセマム
  • 更新日:2022/01/18
No image

【大学入学共通テスト2022】国語の分析…東進・河合塾・データネット速報まとめ

もっと画像を見る
2022年1月15日、2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)1日目が終了した。東進、河合塾と、ベネッセコーポレーション・駿台予備校による「データネット」、代々木ゼミナールより提供を受け、「国語」の共通テスト分析速報「科目別分析コメント」を紹介する。

【大学入学共通テスト2022】予想平均点(1/16速報)文系5教科8科目505点・理系5教科7科目511点...データネット

国語

東進

昨年から設問数は変化なし、マーク数は2つ減った。第1問の評論は2つの文章を読ませる複数テクスト型の出題であった。第2問の小説は問1の語彙の問題がなくなった。問5(i)は生徒のノートに基づく空欄問題。共通テストの特徴的な問題といえる。第3問の古文は本文が2つ。歴史物語『増鏡』と日記『とはずがたり』が出題された。歴史物語の出題は2年続けてであった。第4問の漢文は七言律詩とその序文が出題された。難易度はやや難化。

河合塾

第1問は、「食べる」ことについて考察した2つの文章からの出題。問2・3は文章Iについて、問4・5は文章IIについて問われた。問6は2つの文章を読んだ生徒が作成したメモの空欄を埋める設問であった。第2問は、小説からの出題。例年出題されていた語句の意味を問う知識問題が、出題されなかった。問5は本文の内容を俳句などと関連させた新傾向の出題であった。第3問は、中世の歴史物語『増鏡』と、その資料となった日記『とはずがたり』からの出題であった。問4は、2つの文章の差異について話し合う生徒の発言中の、3か所の空欄を補う問題。それぞれ選択肢が5つではなく4つであった。第4問は、詩とその序文が出題され、「庭園に飛来した蝶」が話題であった。詩と序文の双方にかかわる設問が2題出題され、「多面的・多角的な視点」が要求されたものの、その他の問題は漢文の基礎知識を踏まえれば解答できるものであった。国語全体の難易度は昨年の第1日程並み。

データネット

全体としての本文の分量は、ほぼ昨年並。設問数は変更がなく、解答数は減少。第1問では生徒の作成したメモを用いて2つの文章の比較と統合を求める出題が、第3問では同じ場面を描いた別ジャンルのテキストを比較させる出題がなされた。昨年以上に、複数の文章や資料を関連付ける力が求められ、やや難化。

代々木ゼミナール

第1問(現代文)は「食べる」ことを主題とする評論文が2つ用意された。漢字問題で同一漢字の異なる意味を問う問題が新たに出題された。第2問(現代文)は、登場人物の心情を問う従来の設問形式に加え、複数の資料を基に文章の一節を解釈する新傾向の問題も見られたが、語句の意味を問う問題はなくなった。第3問(古文)は本文として2つの文章が提示され、両者の特徴を比較考察させる設問が出された。第4問(漢文)は、問題文の論旨は明確ながらも、情報量が多く、一句一語を的確に読み解く必要があった。

リセマムで公開している問題分析および難易度、解答速報に関する記事は下記のとおり。

<1日目>
>>4予備校の【地理歴史・公民の問題分析】はこちら
>>4予備校の【国語の問題分析】はこちら
>>4予備校の【英語の問題分析】はこちら
>>1日目の【難易度分析】はこちら
>>1日目の【問題・解答】はこちら

<2日目>
>>4予備校の【理科1の問題分析】はこちら
>>4予備校の【数学1の問題分析】はこちら
>>4予備校の【数学2の問題分析】はこちら
>>4予備校の【理科2の問題分析】はこちら
>>2日目の【難易度分析】はこちら
>>2日目の【問題・解答】はこちら

大学入学共通テスト2022 特集
大学受験 特集

【大学入学共通テスト2022】予想平均点(1/17速報)5教科7科目は文系514点・理系520点...東進

【大学共通テスト2022】河合塾、バンザイシステム&ボーダーライン一覧1/19公開

【高校受験2022】埼玉県私立高の応募状況(1/12時点)平均4.20倍

桑田あや

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加