ウィル・スミスがテニス界最強の姉妹を育てた父親役に!『ドリームプラン』日本公開決定&特報解禁

ウィル・スミスがテニス界最強の姉妹を育てた父親役に!『ドリームプラン』日本公開決定&特報解禁

  • MOVIE WALKER PRESS
  • 更新日:2021/10/14
No image

ウィル・スミス主演『ドリームプラン』が2022年2月23日(水・祝)に公開決定 [c]2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ウィル・スミスが主演、プロデューサーを務める最新作『KING RICHARD(原題)』の邦題が『ドリームプラン』に決定し、2022年2月23日(金)より全国公開されることが明らかとなった。日本での公開日決定に伴い、本作の特別映像も解禁された。

【写真を見る】アルコ&ピース平子が『インデペンデンス・デイ』を酷評する批評家とは一生口をきかないと豪語

本作は、世界最強のテニスプレーヤーとも称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を、ゼロからテニスのワールドチャンピオンに育て上げたテニス未経験の父リチャードが独学で作り上げた「計画書=ドリームプラン」にまつわる<驚きの実話>。早くも第94回アカデミー賞の有力候補と注目されている、

ビーナス&セリーナ姉妹は、女子プロテニス界のトップに10年以上にわたり君臨。グランドスラム(全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンのテニス界の世界4大大会)のシングルスで、ビーナスは7勝、セリーナは23勝という記録を残し、オリンピックではシングルスそれぞれ1回、姉妹で組んだダブルス3回、2人合わせて合計5つの金メダルを獲得している。女子プロテニス史に名を残す2人の偉大なプレーヤーは、大坂なおみにも影響を与えている。また、本作の製作にはビーナス、セリーナも名を連ねている。

スミスが演じるのは、姉妹を育て上げた父リチャード。リチャードは彼女たちが生まれる前にテレビで優勝したテニスプレーヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿を見て、「子どもを最高のテニスプレーヤーにしよう!」と決意。テニス未経験にも関わらず、独学でテニスの教育法を研究し、78ページにも及ぶ成功への計画書を作成。誰もが驚く常識破りの”ドリームプラン”を実行した。ギャングが蔓延るロサンゼルス郡南部、コンプトン市の公営のテニスコートで、リチャードは途方もない苦難、周りから批判を受けながらも、数々の問題を乗り越え、娘たちを史上最強のプロテニスプレイヤーに育て上げていく。

リチャードを演じたスミスの演技に海外メディアも大いに注目。「ウィル・スミスはアカデミー賞Ⓡ受賞確実!」「本作のウィル・スミスを打ち負かすのは、困難だ」など、多くの批評家のハートをつかんでいる様子。さらに、全米最大映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」では92%(10月12時点)と高評価を獲得している。『ALI アリ』(01)、『幸せのちから』(07)に続き、3度目のアカデミー主演男優賞ノミネートが有力視されている注目作。スミスの熱演とともに今後の賞レースの行方から目が離せない。

文/タナカシノブ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加