田崎史郎氏 菅首相の緊急事態宣言追加に「感染者数の増大とそれに伴う世論に振り回されている」

田崎史郎氏 菅首相の緊急事態宣言追加に「感染者数の増大とそれに伴う世論に振り回されている」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/14

政治ジャーナリストの田崎史郎氏が14日、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。菅義偉首相が13日に新型コロナウイルス感染症対策本部を官邸で開き、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の計7府県を追加したことについて言及した。

No image

フジテレビ社屋

菅首相は、記者会見で「全国への感染拡大を防ぐためだ」と説明。対象外の地域でも、宣言に準じた対策を講じる場合は、飲食店の営業時間短縮を巡り同様の支援を行う考えを表明した。政府と、発令対象の都府県による連絡会議を新設することも明らかにした。11カ国・地域との間で例外的に認めているビジネス関係者の往来は一時停止し、外国人の新規入国は原則認めない方針。緊急事態宣言と往来停止の期間はいずれも2月7日まで。

田崎氏は「1つは世論というよりも感染者数の増大ですね」とし、「例えば、1月4日の段階で大阪は緊急事態宣言いらないと言っていたんですけど、7日になったら出して欲しいっていう。7日に緊急事態宣言を出しているんですけど、それに間に合わなかった。その後も増え続けると感染拡大地域にどんどん出していかないといけなくなってくる。感染者数の増大とそれに伴う世論に振り回されている気がします」と自身の見解を述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加