SSFF & ASIA 2022 オフィシャルクロージングイベント伊藤健太郎 EDITION主演ショートフィルム『お帰りなさい』の世界初公開を記念したLIVEトーク&オンライン上映イベントを開催!

SSFF & ASIA 2022 オフィシャルクロージングイベント伊藤健太郎 EDITION主演ショートフィルム『お帰りなさい』の世界初公開を記念したLIVEトーク&オンライン上映イベントを開催!

  • music.jp
  • 更新日:2022/06/25
No image

SSFF & ASIA 2022 オフィシャルクロージングイベント伊藤健太郎 EDITION主演ショートフィルム『お帰りなさい』の世界初公開を記念したLIVEトーク&オンライン上映イベントを開催! (1)

ホワイトアウトの凍てつく津軽で撮影「本当にたくさんの方々に協力いただいて、あったかい気持ちになる作品」

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア≪略称:SSFF & ASIA≫は、6月20日のアワードセレモニーによる閉幕に続き、本日、6月22日(水)にオフィシャルクロージングイベント伊藤健太郎EDITIONを開催。主演ショートフィルム『おかえりなさい』の世界初公開を記念し、監督とのオンライントークイベントを開催、事前予約をした一般視聴者への配信を行いました。

冒頭、MCより映画祭クロージングイベントということで「有終の美を飾るわけですね。」とたずねられると、伊藤さんは「大丈夫ですか?僕で。」としながらも、「こうした企画に参加できたことを非常に嬉しく思っています。」とはにかむような笑顔で答えました。そして、‟強面だが笑顔がかわいい“千村監督も「今日は楽しんでください!」と視聴者に呼びかけました。

さらにMCから、ショートフィルム『おかえりなさい』のクレジットに「企画」として伊藤健太郎さんの名前が記載されていることが紹介されると、伊藤さんから「ショートフィルムを作りたいと思った時に、色々な人に声をかけさせてもらい、脚本を何本か送ってもらいました。その中で、個人的に『やりたいな』と感じたのが、その時はどれが誰の作品だったか解らなかったのですが、千村監督の脚本でした。」とコメント。特に気に入ったポイントとしては、「僕は結構おばあちゃん子なんです。この脚本はおばあちゃんと孫の関係性が良く、昔の自分のように写り、心に刺さりました。」と説明しました。

監督と伊藤さん、二人の息がぴったりとあい、フィーリングもバッチリだったという制作現場の話が始まったところで、いよいよ世界初公開となる、『お帰りなさい』〈28分)の配信が開始されました。

情報提供:株式会社パシフィックボイス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加