初代プレイステーションソフト3289本をコンプ!偉業達成に祝福の声

初代プレイステーションソフト3289本をコンプ!偉業達成に祝福の声

  • おたくま経済新聞
  • 更新日:2021/10/14
No image

初代プレイステーションソフト3289本をコンプ!偉業達成に祝福の声

1994年12月にソニー・インタラクティブエンタテインメント(当時ソニー・コンピュータエンタテインメント)より発売された、プレステ1こと「PlayStation(プレイステーション)」。

ビッグタイトルからほとんど知られていないタイトルまで、発売されたソフトの本数は3289タイトル(廉価版、初回限定版などの重複は除く)にのぼりますが、この全てをコンプリートするという偉業を成し遂げた、ツイッターユーザー・灼栗(しゃっくり)さん(@heat_maroon)の投稿に多くの祝福の声が寄せられています。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

灼栗さんは10月8日、最後の一本となった「ザ・マスターズファイター」をネットオークションにて落札。「ザ・マスターズファイター」と言えば知る人ぞ知る、高額レアソフトとして有名です。

No image
No image

ソフトの収集はおおよそ10年ほど前、灼栗さんが大学生の頃から始めたそうです。当時ニコニコ生放送にてバカゲーやクソゲーを紹介・プレイしている動画を見たことをきっかけに、紹介されていたソフトを購入。その後、本格的にコンプリートを目指すようになったとのこと。

収集は実店舗巡りやネットオークション、フリマサイトが中心。大学生の頃はボストンバッグを背負って自転車で中古ゲーム店をまわりました。当時はお金もあまりなかったため、100円程度で販売されているソフトだけをバッグ一杯になるまで買い漁っていたそうです。

特に入手が難しかったと話すのは「わいわいカート」「わいわい草野球」「みんな集まれ!囲碁教室」「あそんで知能アップ」の4本。

これらはネット上にほとんど出回っておらず、実店舗を巡りに巡ってようやく探し当てることが出来たそうです。中古ゲーム店でもプレイステーションのソフトを取り扱う店舗自体が減っているため、有名タイトルを除き特定のタイトルを探し当てるのは至難の業と言えるでしょう。「見つけられたのはホントにラッキーでした」と灼栗さんも語っています。

No image

長年の夢を叶えた灼栗さん。今後は愛着のあるプレイステーションのゲームを遊び尽くしたいと話しており、プレイ動画の配信を考案中とのこと。自身が収集を集めるきっかけとなった動画配信へのチャレンジとは、灼栗さんのソフトに対する深い愛情を感じた筆者でした。

最後の1本、届きました!
これにてWikiに載っているPS1ソフト3289本コンプリート!!!!

とてもとてもとても長い旅でしたが、皆様の応援のおかげでここまで来ることができました、ありがとうございます
これからは、ゆっくりこのソフト達で遊んでいこうと思います pic.twitter.com/ps994RxQHP
— 灼栗(しゃっくり) (@heat_maroon)
October 12, 2021
from Twitter

<記事化協力>
灼栗(しゃっくり)さん(@heat_maroon)

(山口弘剛)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加